無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夫になめられない妻になるための10カ条

恋愛・結婚

夫になめられない、一目置かれる妻になるには?

夫になめられない妻ってどんな妻?

夫婦の力関係、パワーバランスはそれぞれの夫婦によって違います。「亭主関白」「カカア天下」のようにわかりやすいものもあれば、表向きは亭主関白でも、実は夫は妻の手のひらの上で上手に転がされているだけ、のような二重構造になっている場合もあります。

もちろん、「夫婦がお互いを尊敬しあって」という関係が理想です。しかし実際、男性はもともと、周囲に対して優位に立ちたいと思う傾向があるため、黙っていると夫が言いたいことを言い、妻はひたすら我慢をするという構造になりがち。

そんな関係を打破するには、夫になめられない、一目置かれる妻になることが重要です。そこで今回は夫になめられない妻になるための10か条をご紹介しましょう。

夫になめられない妻になる10カ条
1:経済的に自立する

多くのだんな様が、「自分は妻より偉い」と勘違いする最も大きな原因は、「俺が稼いでいる」「俺が食わせてやってる」という金銭的・経済的な夫婦間格差です。

イマドキは専業主婦が少なくなり、妻にも収入がある場合もありますが、それでも、「扶養の範囲内」などに収入を押さえている場合は、だんな様の態度が大きくなりがちです。

将来的には「配偶者控除」制度もなくなっていくようですし、自らの収入、あるいは家計のやりくりによる貯蓄など、さまざまな方法で妻の皆様もご自身の経済力を高めておきましょう。「経済力=発言力」であるのは家庭内でも同じです。

2:人脈を広げ、人望を集める

人脈は目に見えませんが、実はお金以上に、重要な財産です。

同性・異性を問わず、普段から友だちが多い。人望が厚く、多くの後輩から慕われている。いざという時に助けてくれる実力者がバックにいる。とにかくモテる。こんな妻だったら、夫もいい加減に扱うどころか、「下手したら自分の方が捨てられるかも」という危機感を持ち、大切にしてくれるでしょう。

3:妻以外の顔を持つ

夫が妻について「自分はこいつのことを100%知ってる」と思っていると、妻をわかったような気になって、見下したような態度に出る場合もあります。

こんなことにならないよう、「〇〇さんの妻」という肩書ではなく、自分自身の肩書きで勝負できる世界を持っておくことは大事です。仕事でも趣味でもなんでもOK。夫の知らない顔を持ち、その世界で輝いている妻であれば、夫もリスペクトすること間違いないでしょう。

4:情報収集力を高める

「こんなことも知らないの?」とだんな様に言わせないためにも、さまざまな知識を持っておくことは大切。

「勉強は苦手」、「そんなにいろいろ覚えられないわ」という方もいらっしゃるかもしれません。でも今や、情報は「所持」するより「シェア」する時代。「どこを見れば情報が手に入るのか」を知っておき、必要な時に取り出せるようにしておけばOKです。

まずはアンテナを高く張って、情報収集力を高めましょう。そのためには自分からも発信する姿勢を忘れずに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ