無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あの話題のバスクチーズケーキを手作りで!混ぜて焼くだけ簡単レシピ&上手につくるポイント

レシピ

話題の「バスクチーズケーキ」って何?

ここ最近SNSでも話題となり、専門店が出来たりコンビニのローソンでも「バスチー」として販売されているバスクチーズケーキ!

「バスチー」

これはスペインのバスク地方で食べられているチーズケーキで、外側は焦げてる?と思うくらい焼きこみ、この焦げた部分がカラメルのような香ばしさをだしていて、ケーキの中心は生っぽい食感、レアチーズケーキのようでもありつつベイクドチーズケーキのようでもある…という不思議で濃厚なチーズケーキなんですよ。

混ぜて焼くだけ!話題のバスクチーズケーキの簡単レシピ

人気急上昇のバスクチーズケーキは、表面を真っ黒に焼くので「作るのは難しい?」と思われがちですが、実は混ぜて焼くだけで凄く簡単!

しかもネットでは「バスクチーズケーキ」の発祥のお店がレシピを公開しているんですよ。

ただ、発祥のお店「ラ・ヴィーニャ」のレシピはかなり大きなサイズなので、今回は小さいサイズ用にして、少しアレンジしたものをご紹介します。

材料(直径15cmの丸型1個分)

・クリームチーズ 200g
・きび砂糖 60g
・薄力粉 大さじ2/3
・卵 2個
・生クリーム 180ml

作り方

① クリームチーズと卵は室温に戻しておく。

② ボウルにクリームチーズを入れてなめらかになるまで混ぜ、きび砂糖も加えてさらに混ぜる。

③ 滑らかに全体が混ざったら薄力粉をふるい入れてさらによく混ぜる。

④ 卵を溶いておき、③に2~3回に分けて加え(分離しないように)、その都度よく混ぜる。

⑤ 生クリームを④に少しずつ加えながら混ぜる。

⑥ 型に流し入れて、210度に予熱したオーブンで45分焼く。表面は黒くなってOKです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ