無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「カルピス」みらいのミュージアム 2019年10月オープン

旅行・おでかけ

「カルピス」ブランド100周年を記念した、カルピス製造工場としては初の見学施設「カルピス」みらいのミュージアムが、2019年10月、群馬工場内に新設予定です。

群馬

館内では工場見学のほか「カルピス」の誕生秘話にふれるアニメも上映されます。気になるコンテンツをチェックしてみてくださいね。

工場見学

「カルピス」みらいのミュージアムについて

訪れる人々が“「カルピス」の想い”を次の100年、またその先の未来へ繋げていく一員となる…という体験ができる場にしたい、という願いを込めて誕生する「カルピス」みらいのミュージアム。

「カルピス」の製造工程や、おいしいを体験できる工場見学に加え、「カルピス」ブランドの世界観を体感してもらうため、生みの親・三島海雲氏の原体験に基づいたアニメーションが上映されます。

「カルピス」に込められた想い

「カルピス」は、三島海雲が内モンゴルで出合った発酵乳をヒントに作られた飲み物です。長旅で体長を崩した三島海雲が、現地の人から勧められた発酵乳を飲んでみたところ、みるみる体調が回復。日本人にも同じように元気なってほしい、という三島海雲の志が、最初の“「カルピス」の想い”となって誕生しました。

その想いは現在にも“おいしいものを届けたい”という作り手の気持ちとともに受け継がれ、100年前から変わらず「カルピス菌」を継ぎ足し作られています。

カルピスに生みの親・三島海雲の物語をアニメ上映

「カルピス」みらいのミュージアムでは、「カルピス」ブランドの世界観を体感してもらえるよう、三島海雲の原体験エピソードをシアター形式でお届け。

オリジナルアニメ『初恋の味~「カルピス」をめぐる不思議な旅~』

少女が、夏休みのある日に祖母の家で飲んだ「カルピス」のおいしさから、その始まりに思いを馳せタイムスリップ。三島海雲と出会い、内モンゴルでの原体験にふれるファンタジー映像となっています。

アニメーション作画監督・小田部羊一と俳優・松田洋治が参加

キャラクター原案に小田部羊一さん、また、三島海雲の声を俳優・松田洋治さんが務めます。

■小田部羊一(こたべ よういち)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ