無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腸腰筋とはどこ?腸腰筋トレーニングで効果的にダイエット

美容

腸腰筋を鍛えて効果的にダイエットする方法

”腸腰筋”を鍛えるのが、効率よくダイエット効果をもたらすので筋トレビギナーさんにもおすすめ
モデルやタレントでなくてもインスタで自慢の腹筋を披露する人が出てくるほど、筋トレがトレンドになりつつあります。腹筋をつくりたいけれど何をしていいのか分からないという、筋トレビギナーさんは“腸腰筋”にフォーカスしてみましょう。

腸腰筋とは、腸骨筋と大腰筋を合わせた名称

筋トレビギナーにおすすめではありますが、すでに“腸腰筋”という言葉を知っている人は、かなりの筋トレマニアなのではないでしょうか。

読み方は“ちょうようきん”、ちなみに英語では“iliopsoas muscle”です。

腰筋というと、腰の1つの筋肉の名前かと思われがちですが、実際は腸骨筋、大腰筋、そして小腰筋の3つの筋肉から構成されています。小腰筋は退化してほとんど無いとも言われているので、実質2つの筋肉の組み合わせを腸腰筋といいます。

腸腰筋の働きや機能は?

股関節の屈曲……太ももをお腹に近づける動作の時に使われます。日常の動作で言うと、歩く走るなどの基本的な動きも含まれます。

股関節の外旋……大腿骨(太ももの骨)が回転するような動作の時に使われます。日常の動作で言うと、あぐらをかくときの動きも含まれます。

腸腰筋の位置する場所はどこ?

腸腰筋は2つの筋肉から構成されています。歩いたり、走ったりする基本的動作に作用する重要な筋肉

図のように、大腰筋は腰背部から始まります。腸骨筋は骨盤の内部から始まります。両方の筋肉が一体化して1つの腱をつくり、大腿骨付近部の内側に付着します。

腸腰筋は、多関節です。多関節とは2つ以上の関節にまたがっているか、2つ以上の関節を動かす筋肉、という意味です。腸腰筋は、大腿骨へ向かう途中、骨盤の前方縁でカーブしているため、滑車のような働きをします。

こういった滑車のはたらきは、腸腰筋が収縮するときに生じる力を倍にします。このようにして、腸腰筋は2つの筋肉が結合した形状で、腰背部、骨盤、股関節の骨を動かします。いくつかの関節を越えているため、収縮するときには様々な動きが可能になります。

腸骨筋は、幼児期に座ることや歩くことを学ぶ中で目覚めます。一度目覚めた腸腰筋は、立ち上がったり歩いたりする際に常にはたらきます。

(データ出典:『図解YOGAアナトミー』より)

腸腰筋が衰えるとどうなる?

■猫背姿勢になる(大腰筋・腸腰筋が上手く働かないと骨盤が後傾して姿勢が悪くなるため)
■足が上がりにくく、つまづきやすくなる
■腰痛
■股関節周辺の不調
■骨盤の歪み
■ポッコリお腹
■便秘・冷え性

まず、骨盤が後傾、つまり後ろに傾くと、猫背姿勢になります。背中は伸びた状態になり、逆に胸からお腹は縮んだ状態に。さらにお尻から太ももは縮み、内臓を支える筋肉が緩み、下腹がポッコリと出た状態になります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ