無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セールの爆買いビンボー続出!「安い」理由で貯金ができない人の傾向と対策

ライフスタイル

こんにちは。3年半の会社員を経て、現在はフリーで活動しているヨムーノライターのAsunaです。

お金を貯める!という目標を立てたものの、年収が300万円前後でしたので、徹底的に節約をして出費を抑えていました。

その結果、給料が同じ同僚よりも貯金をしてきたと自負しております(笑)。
人付き合い、お洒落、旅行、グルメ……やりたいことは人並みにありますが、それでも3年半で200万円貯金できました!

そこで、私が実践してきた「モノの買い方」のポイントを紹介したいと思います。

少しでも、役立つ情報になると嬉しいです♪

1)「安い」を理由に買わない

節約好きな人ほど、安いものは大好きですよね。
私も、どうせ買うなら安く済ませたい派です。100均、ユニクロ、セール、スーパーの特売日も大好きでした。

でも、そんな人に「ちょっと待った!」と言いたい。

なぜなら、安いものを必要以上に買うと、結局損をしてしまうことがあるからです。

例えば、スーパーの特売日。入店してカートにカゴを入れ、歩みを進めるとキュウリ78円」「白菜90円」……一歩進むたびに「え!安い」「これも、安い!」と次々とカゴに入れていませんか?

でも、結局お会計をすると予算オーバー。しかも帰宅してみると量が多過ぎて結局腐らせることに。

安く買えた満足感はあっても、結局腐らせたらお金をドブに捨てたのも同然。
私は「タマネギ10個198円」と買いてあっても、使い切る自信がないので「3個100円」を選びます。

1個あたりの単価は高くつきますが、総額は1/2。
3個なら美味しいまま、数日で使い切れそうです。

お買い物をする判断基準を「安いから」にしてしまうのは、やめましょう。

2)「長く使えるか」を考えて買う

「安い」を理由に買わないことをお伝えしましたが、必要なもので、かつ長く使えるものを選ぶこともポイントです。

例えば服。2,000円〜3,000円の服を買っても、ワンシーズンで着られなくなってしまうことはありませんか?

それよりも、ずっと使えそうな、質の良いものを数点購入する。数年買い換える必要がないので、こちらの方が、お得なことも。

ファッションでいうと、定番モノ(パーカーやブーツ)は10,000円〜30,000円するものを買って、3年〜5年使い続けています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ