無料の会員登録をすると
お気に入りができます

締まった背中を作るヨガエクサ|菅井悦子流!脂肪燃焼エクササイズ

美容

背中から腰を広範囲にシェイプしよう

油断するとすぐに背中を丸めた楽な姿勢になりがちです。姿勢を正そうとして背筋を伸ばすと反り腰になるのも悩みの種。腰で支えないように肩甲骨を背骨に寄せて、みぞおちの裏側を縮める意識を持ちながら胸を開くようにするのが美しいバックスタイル作るコツ。その際、前側に巻き込んでいた肩が本来の肩幅になるように整えることを忘れずに。

今回ご紹介するのは、胸を開いて背中の筋肉を使う意識を高め、背中~腰を広範囲にシェイプするヨガエクササイズ。一度付いたら落ちにくい背中・腰のお肉を夏に向けてスッキリさせましょう!(菅井悦子さん)

バッタのポーズのアレンジ

目的と効果:うつ伏せから上体を持ち上げることで下背部までしっかりストレッチ。さらに腕を上げると背中上部へのアプローチも深まり、背中の引き締めと猫背も改善できる。

やり方

1.うつ伏せになりおでこをマットに付けて両手は体の脇に伸ばす。

Photos by Shoko Matsuhashi

2. 両手を体側に沿って持ち上げて、胸を開く動きと連動させて背面の筋肉を刺激する。

Photos by Shoko Matsuhashi

さらにできる人は…

手のひらを内側に向けて両腕を肩の延長線上に伸ばす。

Photos by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント:胸を開くことで広背筋が使われるので、顎で上体を引き上げようとしないで。肩をすくめないのも重要で呼吸が楽にできることを目安に行う。

三日月のポーズのアレンジ

目的と効果:背面で腕を組むと肩甲骨を寄せやすくなり、広背筋への刺激が深まって背中が引き締めまる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ