無料の会員登録をすると
お気に入りができます

細かい出費が意外とデカい落とし穴!オフィスで年間24000円浪費している元凶

ライフスタイル

こんにちは!3年半の会社員を経て、現在はフリーで活動しているヨムーのライターAsunaです。

毎日通う職場だからこそ、小さな習慣が大きな差になりますよね。
ここでは、OL時代毎日実践していた節約術を紹介します。

とても小さなことから始められるので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。
皆さんにとって役立つ情報となると嬉しいです!

(1)マイボトルで節約

オフィス周辺には、必ず自動販売機があるかと思います。
また、オフィス内に自動販売機があると80円~100円というコスパに惹かれますよね。

ただ、飲み物代はバカにならないんです。

例えば、100円のペットボトルを1日1本、週5日購入すると、500円。1ヶ月(4週)2,000円に。年間でいうと24,000円です。

そこでおすすめなのは、定番ではありますがマイボトル(タンブラー)。
会社にウォーターサーバーがある場合は、より効果的です、

ただ、仕事が行き詰まったとき、眠気が襲うとき、気分転換に別の飲み物が欲しくなりますよね。インスタントコーヒーやティーパックをデスクに常備しておけば、気分転換も可能です。

「チリも積もれば山となる」。ぜひ実行して見てくださいね。

(2)ランチメニューは迷わない

職場周辺が六本木などの高級オフィス街なら財布の痛手になるので、お弁当持参を心がけたいですね。一方で新橋などの居酒屋も多い飲食店エリアなら、比較的ワンコインに近い価格で満足度高いお店があるのでランチパトロールは欠かせません。

他にも、「弁当持参する日」「ランチは600円まで」など自分なりにルールを作るのがポイントだと思います。

なぜ、ルールを作るといいかというと、予算を決めることでついついお金を使いすぎることがなくなるからです。

ご自身の節約プランに合わせ、一月にいくらランチ代を捻出できるかを考えて行動すれば、余計な出費を防げます。

(3)飲み会参加は適度に

かつての様に、仕事終わりに毎日、上司・先輩と飲みに行く時代ではなくなりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ