無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏の日焼け防止や冷房対策に。肌触りも吸水性も◎な大人可愛いストール特集

インテリア

シルクスクリーンの型を使った「捺染(なっせん)」という方法で生み出される坂本友希さんのテキスタイル。自然の風景や動物たちが描かれた柄は、どこか物語を感じさせるものばかりです。中でも吸水性に優れたストールは、夏の日焼け防止や冷房対策にもおすすめですよ。

物語を感じさせるテキスタイル

坂本友希さんは、シルクスクリーンの型を使って布を染める「捺染(なっせん)」という手法を中心に、ハンカチやストールなどを手がけるテキスタイル作家。
デザインから型作り・プリント作業までを、すべてひとりで行っています。

テキスタイルのモチーフは自然の風景や動物たち。まるで絵本の一場面のような物語性を感じるものばかりです。
北海道で制作活動を行っている坂本さんは、身の回りにある自然や出来事、本で読んだ物語など、日常の中の様々なものからインスピレーションを受けるそう。そうして頭の中に生まれた物語を、布に染め付けています。

一枚一枚、手作業で丁寧に

捺染とは、版画のように、型を用いて染料を布地に摺りつけて染める方法のことを指します。
坂本さんの場合、Tシャツのプリントなどにも用いられるシルクスクリーンの型を使います。絵柄の部分に孔(あな)が開いた版の上に、染料とのりを混ぜた色のりを乗せ、スキージーと呼ばれるヘラを版の上で滑らせます。すると孔の部分にだけ色が落ち、布に絵柄が現れるのです。

坂本さんは、そのプリントされた布に、直接筆や手で色付けするなど、大量生産ではできない技法も加え、一つひとつ丁寧に制作しています。

プリントした後は、蒸す・洗う・仕上げ(アイロン・縫製)といった工程が待っています。この蒸しや洗いは、使用する染料によって異なり、複雑で手間のかかる作業なのだそう。

こうして手間暇をかけて完成したテキスタイルは、型によるくっきりとした輪郭と、直接色付けしたことによるやわらかな印象を持ち合わせ、独特の魅力と手仕事の温かみが感じられます。

爽やかなブルーのグラデーション

こちらは「くものストール」。
寝っ転がって見上げた空と木がイメージとなった柄は、爽やかなブルーが夏にぴったりですね。微妙に色の異なる染料を版の上に同時に置いて刷ることで、少しずつ色が混ざり合い、グラデーションを作っています。
素材はコットンリネン。程よいシャリ感で、汗ばむ季節でも心地よく過ごすことができますよ。

幻想的な森の中をさまよう

ぐるぐると同じところを回っているような森の景色と、走るキツネの絵が続く「まよいみちのストール」。
森とキツネの柄以外は、手で直接色を付けて染めたもの。ムラのある黄色や水色が霧や靄のようで、絵柄をより幻想的に見せてくれます。
生地にはオーガニックコットンが使われており、柔らかな肌触り。冷房で冷えた肌をふんわりと優しく包んでくれますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ