無料の会員登録をすると
お気に入りができます

タオルの生乾き臭が気になったら「重曹の出番ですよ!」カンタン"煮洗い"で驚きの白さ

インテリア

こんにちは、ライターのsachaです。

じめじめムシムシと湿度の高い季節、ちゃんとお洗濯していても、布巾やタオルの生乾き臭がきになりませんか?
そんな時におすすめなのが布巾の「煮洗い」。

煮洗いとは、お鍋でコトコト煮て洗う事。
煮沸消毒しながら、重曹も入れるので、臭いも汚れもスッキリ落ちて気持ちが良いんです。

煮洗いの方法

お鍋に布巾が全て浸かるくらい、たっぷりのお湯を沸かします。

沸騰したら重曹を入れます。
分量は、水1リットルにつき、重曹 大さじ1杯を目安に。

重曹を入れると、シュワ〜ッと泡立つので、吹きこぼれに気をつけながら、布巾を入れます。

時々、菜箸やトングで混ぜながら、15分〜20分コトコト……。

火を止めたらそのまま放置して、手で触れるくらいまで冷まします。

冷めてから布巾を取り出してみると、キレイに洗濯してある布巾でしたが、汚れが浮き出て水が茶色くなっていてビックリします。

しっかりすすいで乾かします。
面倒な時は、このままもう一度いつもの様に洗濯機で洗っています。

最後に、お鍋に残った重曹水を流すついでにシンクも磨いて、お鍋も綺麗に洗ってスッキリ。
湿ると気になっていた布巾の臭いもスッキリなくなって気持ちが良いです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ