無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼女に「好き」と言わない男性の本音

恋愛・結婚

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は「彼女への愛情表現」にまつわるアンケート。

彼女に「好き」「愛してる」と言ったことがある?

「ねぇねぇ、本当に私のこと好きなの?」
「ちゃんと『愛してる』って口にしてほしいな」

女性は、彼から愛の言葉を聞き出したくてこんなふうに問い詰めてしまったりする。

しかし「え~、わざわざ言わなくたってわかってるでしょ」と面倒くさがって言葉を濁す彼。

ひと言「バカだなぁ。愛してるに決まってんじゃん!」と即答してくれれば、女性の心はバラ色に変わるのに……。

「好き」「愛してる」のセリフは、好きな彼だからこそ聞きたいんだよね。

ということで、今回は男性陣に「彼女に自分の想いを伝えるかどうか」について聞いてみたよ。

Q. 彼女に「好き」「愛してる」と言ったことがある?

はい:84.1%
いいえ:15.9%
※有効回答数126件

今どきの男性は、彼女に愛情表現することに対してそれほど抵抗はない感じ?

「言ったことがある」という回答者の割合は多くとも、それが一回こっきりだったら寂しいけどね(笑)。

ではでは、自分の気持ちを相手に伝えることについて、男性の本心を探っていくよ~!

「彼女に『好き』『愛してる』と言ったことがある」派の男性心理

彼女を不安にさせたくない

・「愛が足りてないと思われたら別の男性にとられるから」(38歳/商社・卸/営業職)

・「気持ちを伝えないと不安になるし、本音がなかなか聞けないから」(37歳/その他/販売職・サービス系)

たとえ好き同士で付き合ったとしても、交際が続くかどうかは別問題。

「愛が足りてないと思われたら別の男性にとられる」は、なんとも素直なコメントだよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ