無料の会員登録をすると
お気に入りができます

締まった背中を作るヨガエクサvol.2|菅井悦子流!脂肪燃焼エクササイズ

美容

腕の動きを使って肩甲骨を寄せながら広背筋を刺激しよう

姿勢がいい人は背中美人でもあるため、姿勢を意識することは大事。でも常に美姿勢をキープするのは難しいので、時々背中に意識を向けて「猫背に気付いたら修正する」習慣を付けています。猫背を修正する際、巻き肩になって縮んでいた鎖骨を中心から外側に広げるように意識。また、そもそも背中が丸まるのは筋力不足が原因なので、真っ直ぐな姿勢を支えるのに必要な体幹を中心に筋力トレーニングも実践しています。

体幹

今回ご紹介するのは、腕の動きを使って肩甲骨を寄せながら広背筋を刺激し、背中をシェイプするヨガエクササイズ。姿勢改善にもつながるので猫背が気になる人もトライしてみて。(菅井悦子さん)

バッタのポーズのアレンジ

目的と効果:腕を前方に上げる&脇腹に寄せる動きを利用して、鍛えにくい背中上部の筋肉を含む広背筋全体をストレッチ。背中のたるみを解消し猫背も改善できる。

やり方

1.うつ伏せになりおでこをマットに付けて両腕を前方に伸ばす。

Photos by Shoko Matsuhashi

2.胸を開きながら上体を起こし、両腕を耳の高さまで上げる。

Photos by Shoko Matsuhashi

3上体を起こしたまま両肘を脇腹に引き寄せて肩甲骨を背骨に近付ける。

Photos by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント:腕だけを持ち上げようとせず、肩甲骨から動かすように意識すると腕が上がりやすく、そうすると胸が開いて広背筋へのアプローチが深まる。

ひばりのポーズ

目的と効果:腕を真上に上げる動きを利用して広背筋のストレッチを深め、すっきりとした背中を作る。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ