無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生命保険と団信の深い関係!住宅ローンは金利だけじゃないメリット

ライフスタイル

こんにちは、ファイナンシャルプランナー2級と夫婦カウンセラーの資格を持つヨムーノライターFujisawaです。

住宅ローン選びで一番気になるのが金利ですよね。
今は超低金利時代と言われているので、金利はほぼ横並びに近い状態です。ただ、ネット銀行であれば、もう少し金利が安いところも。

また、金利以外の目玉商品として注目されるのが団信=団体信用生命保険です。ここでは住宅ローンの返済と生命保険料の支払いについてご紹介します。

「団信」ってなに?入っていないとどうなるの?

団体信用生命保険の略称。
住宅ローンの返済期間中にローンの名義の方に万が一のことがあった場合、保険金によって住宅ローンの残債が0円になる保障制度のことです。

住宅ローンの返済が残された家族に引き継がれないので、家は資産として家族の元に残るということになりますね(マンションなどの管理費は住宅ローンと関係がないので住み続ける限り支払う必要があります)。

団体信用生命保険は貸倒れのリスクを回避するためでもある

住宅ローンの申込には「団信への加入」を必須とする銀行が多いです。
これは、ローンの名義人が支払い期間中に死亡された場合、または高度障害などで働けなくなってしまい返済が滞ってしまうと、家族も銀行も困ってしまいます。

そのための、保険として「団信」または団信に変わる保険加入は必須と考えた方がよいでしょう。

住宅ローン団信の保険料はわからない

団信の保険料は、金利とは別にいくらなのかは分からない場合がほとんどです。
または、貸し手側が保険料は負担しますという回答も。

なので、団信加入が条件で、かつ金利が低い銀行にローン審査を依頼してみましょう。

借り換えのメリットを最大限に受けるには

今の変動金利は超低金利時代です。
ネット銀行など他社の金利が、今ローンを組んでいる銀行の金利より0.0何%安いからといって、その金利のメリットを最大限に受けられるかどうか、銀行やFPによく相談しましょう。

借り換え手数料のほかに、諸経費などで数十万円かかる場合もあります。これは、契約書にもかかれているので、もう一度見直してみましょう。

生命保険を団信に変更する方法も

相談者の中には、借換え単体ではメリットが少なかったが、団信が無料(保険料は銀行が負担など)で付帯されることによって、生命保険会社の保険料月々8,900円を解約(またはプランの見直し)で、0円に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ