無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お口でほろりに感動…!プロが教える「ほぐれおにぎり」の握り方

レシピ

お米を重ねたら、いよいよ握る……のではなく、その前にやるべきことがひとつあります。

「ひと塊になっているようにも見えますが、この状態ではまだ上のお米と下のお米が分かれています。そこで、側面の境目をなくす作業をおこないます」

「お米に手をかぶせ、すべらせるようにして横に回してください。これを何度か繰り返して、側面の境目をなじませていきます」

力はこめず、手を回しながらお米全体をつまむような気持ちで手を動かすのがコツとのこと。

Photo by macaroni

境目がしっかりなじむと、お米はこのような状態に。これもうすでにおいしそうですね……。

9. ギュッと握れば台無しに!3回で三角形に

Photo by macaroni

ここからついにおにぎりを握る作業です。どういうコツを押さえれば、お口のなかでほろりとほぐれるおにぎりになるのでしょうか。

「丸い状態のおにぎりの底に左手をあて、右手の人差し指、中指、薬指をくの字に曲げてお米を軽く圧し込む。こうすることで山をつくります。形を整えることを意識して、絶対ギュッとは握らないでください」

Photo by macaroni

「お米を回しながらこの作業を続け、三角形に整えます。必要以上に繰り返すとお米とお米の隙間が詰まって固いおにぎりになってしまうので、それぞれの角に各1回、計3回で終えること」

さらに、「ガチガチの三角にする必要はありません。丸みが残っているくらいで十分です」と橋本さん。理由は簡単で、少し丸みを残したおにぎりのほうがほぐれ具合が良く、見た目にもおいしそうだから!

適度に形が整ったら、次の作業です。

10. 海苔のパリッを楽しんでもらえる巻き方を

Photo by macaroni

では、海苔を巻いていきましょう。橋本さんによると、ごはんとおとものほぐれおにぎりは「全部は巻かない」んだとか。

「冷めてもおいしいおにぎりをつくるなら、おにぎりを海苔で包みこんでしまった方がしっとりとしておいしくなるんですが、ボクらのおにぎりはそうではないので。握ってすぐに食べてもらうのであれば、海苔のパリッとした食感をより強く楽しめるボクらの巻き方のほうがいいと思います」

ちなみに、おにぎり1つに使う海苔の大きさは、「全型の海苔を3等分したくらい」。具体的な大きさについては上の画像を参考にしてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ