無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目標はキングダムの長澤まさみ!?「2019年夏、流行るヘアカラーTOP3」1位は意外な流行色!

ヘアスタイル

こんにちは、常にロングヘアーを目指している(のですがいつも志半ばで切ってしまう)ヨムーノ編集部です。

株式会社ビューティーエクスペリエンスが、全国の美容師ネットワークから得たトレンド情報を発信する「bexトレンドラボ」にて、美容師93人を対象に調査を実施。

「夏に流行りそうなヘアカラー」や、「夏のマストバイ・ヘアケアアイテム」、「ショートヘアで好感度アップした芸能人」を聞きました。

日本では、春になると日が長くなった、秋になると日が短くなったと感じますが、北半球で昼が最も長く、夜が最も短いのが夏至。
太陽の中心が夏至点を通過するときで、夏の始まりとされる日です。

太陽暦で例年6月21日頃ですが、2019年の夏至は6月22日。
梅雨の真っ只中ではありますが、そろそろ夏のヘアスタイルやトレンドカラーが気になってくる頃です。

夏に流行りそうなヘアカラーランキング

意外に開放的にならない人が多い?第1位は安定のベージュ系

美容師93人を対象にした「夏に流行りそうなヘアカラー」の調査では、大流行中のアッシュ系をおさえて第1位は安定のベージュ系で52%。
第2位はまだまだ人気継続中のアッシュ系で35%、第3位には夏色カラーのオレンジ系で26%という結果になりました。

第1位のベージュ系は、柔らかな印象を与えるので春のイメージですが、ベージュ系にもさまざまな色みが。
定番のミルクティーベージュや、外国人みたいなふんわりした髪を演出できるホワイティベージュ、明るいオレンジをベージュで落ち着かせたオトナ可愛いベージュオレンジなどがトレンドカラー。
トーンも明るくしたり暗くしたりできるので、安定感があります。

第2位のアッシュ系もさまざまなカラー・バリエーションが楽しめるトレンドカラー。
同じヘアスタイルでも、ヘアカラーによって印象はガラリと変わります。

今年の夏は、髪にも自分に似合うトレンドカラーを取り入れて、ワンランクアップのサマースタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

夏のヘアケアはさっぱり&しっとりがおすすめ

夏の必須アイテムは、「クールシャンプー」、「UVケアスプレー」、「アウトバストリートメント」

季節によって変わる紫外線の量や湿度。
髪のコンディションもそれらの影響を大きく受けるので、季節によってケアを替えることでダメージを予防することが大切です。

夏は特に日差しが強く、髪もダメージを受けることが多いので、いつも以上のケアが必要な季節です。

ビューティーエクスペリエンスの調査では、夏のヘアケア必須アイテム第1位は、「クールシャンプー」で、61%の美容師がすすめています。

クールシャンプーは、ミント系のすっきりハーブや爽やかな柑橘系フルーツなどの天然由来の素材で作られているものが多いので、暑い夏の日差しを浴びた髪や頭皮をクールダウンし、爽快感を与えてくれます。
洗ったあともクール感が持続するので、汗をかきにくく快適に過ごせます。また、夏の気になるニオイや皮脂のべたつきを抑える効果も!

夏の必須アイテム第2位は、「UVケアスプレー」。美容師の28%がすすめています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ