無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どうしたローソン100?中の人が体を張って「辛口メニュー大調査!」悪魔級辛ウマNO.1はコレ

グルメ

『旨辛麺』は、期待通りの赤いスープがなんとも食欲をそそる色合い。
スープを口に含むたびにピリピリと刺激が積み重なって、じんわり額に汗を感じながらも、もう一口と、クセになる味わいです。

というのも、程よいにんにくの風味と、ポーク・ホタテ・コンブなどのダシのバランスがよく、辛いだけではない飲み干したくなる系のスープになっているんです。

対して、ちょっぴりおとなしい印象なのが『VLスープ春雨 韓国風チゲ味』。
後味にピリッと辛味を感じますが、辛すぎないというのが逆にポイントかもしれません。

魚介のダシもよく効いているので普段の一品にオススメです。オフィスに常備しておけば、クーラーで身体が冷えたときなど、とても便利です。

多様な辛さ!レトルト部門

そして次は、麺にまぜるだけの『VL麻辣まぜ麺の素』、豆腐を入れて温めるだけの『VLあさり入りスンドゥブの素(辛口)』と『VLひき肉入り麻婆豆腐の素(四川風辛口)』のレトルト3種類。いずれも永谷園さんとローソンストア100の共同開発商品です。

▲VL麻辣まぜ麺の素5月22日(水)新発売!/VLあさり入りスンドゥブの素(辛口)/VLひき肉入り麻婆豆腐の素(四川風辛口)(各・税込108円)

パッケージは統一感のあるデザインですが、中身は辛さの方向性が全く違って興味深い結果になりました。

▲写真左上VL麻辣まぜ麺の素/中央VLあさり入りスンドゥブの素(辛口)/右VLひき肉入り麻婆豆腐の素(四川風辛口)

まず『VL麻辣まぜ麺の素』は、5月に発売されたばかりの新商品で、180g入り(2人前)。うどんやそうめん、中華麺などお好みの麺にかけてお召し上がりください。

とろみがあり麺によく絡むので、口に入れた瞬間からスパイスの風味がしっかりと味わえます。唐辛子の刺激的な辛さのあとに広がるのは、花椒の華やかな香りとしびれ。食べ終わったあとも、ジンジンと響くようなしびれが残り、唐辛子だけとは、また違った辛味を楽しめます。

次の『VLあさり入りスンドゥブの素(辛口)』は、唐辛子の辛さが全面に押し出された韓国料理。こちらは250g入り(2人前)です。このシリーズには中辛と辛口の2種類があります。

一口目から、ピリピリと辛味が舌を刺激しますが、あさりがたっぷりと入っているので魚介のうま味も一緒に堪能できます。そのため、ホカホカのご飯とよく合い食事としても最適です。玉子やチーズなどを入れるとマイルドになるので、トッピングもお楽しみください。

そして最後は『Vひき肉入り麻婆豆腐の素(四川風辛口)』。
250g入り(2〜3人前)で、ひき肉が入っているので豆腐を入れて温めるだけで、本格的な麻婆豆腐ができあがります。

こちらのシリーズも中辛と四川風辛口の2種類があります。今回チョイスした四川風辛口は、花椒が入っているので香り風味ともよし。辛さとしびれがよく合い、食欲をそそる旨辛の味わいです。

まさかの結果!?お菓子部門

最後はお菓子部門から4商品をチョイス。このお菓子のなかから、とんでもなく辛い商品を発見してしまいました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ