無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼氏がいるだけじゃダメ!愛される彼女の特徴とは

恋愛・結婚

彼氏がいる、というだけでは幸せは掴めません。

むしろ、付き合ってからが大切で、どんな彼女になるかがその後の幸せを左右するもの。

そこで今回は、愛される彼女になるために心がけることをまとめてみました。

女として人として成長する

恋をするたびに成長してきた人も多いでしょう。

終わった恋から学ぶこともありますが、付き合ってからも、自身の成長は欠かせません。

女として成長するとは、相手を立てるべき時に立てられる、相手のプライドを傷つけずに育てられる、自分の要求を上手く通すなどが挙げられます。

いままでの経験を振り返り、彼の反応をよく観察しながらアプローチを変えてみることができるとよいでしょう。

経験を積み、反省生かすことで、少しずつ成長していけるはずです。

愛情表現のバリエーションが豊か

嬉しい! 楽しい! 愛してる! こういったプラスのものだけでなく、寂しいときや嫉妬心などでも愛情表現することができます。

笑顔+言葉ではなく、表現や伝え方のバリエーションを豊かにすれば、きっと、いまよりももっと、彼氏の心を惹き付けられるはず。

たとえば、ギュッと腕を抱きしめて嬉しい気持ちを伝えたり、くすぐったいところを指でつついて嫉妬していることを伝えたり、両手を広げてハグを求めて寂しさを伝えたり……。

いろんな技の組み合わせで、表現の幅を広げる工夫をしてみてはいかがでしょうか。

変わらない個性をもっている

成長すれば変わるところもあるかもしませんが、あなたの根本である、他人とは違う部分はありのままで大丈夫。

むしろ、それを魅力に感じてもらえることも多いはずです。

彼の好意を得ようと、合わせすぎたり、尽くしすぎたりしないことがコツ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ