無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カジュアルな日&フォーマルな日♡それぞれの「お団子アレンジ」徹底的分析!

ヘアスタイル

「お団子」はとっても優秀!

どんなシーンにもマッチする「お団子」。でも、カジュアルな日とフォーマルな日のアレンジは区別をしたいところ。と思っていても、何をどうすれば雰囲気が変わるのか解らない…と悩んでいる人は多いはず。

そこで、“カジュアル”と“フォーマル”、それぞれに対応できる「お団子」をご紹介します。ちょっとしたコツを動画と共にレクチャーするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パワー全開!カジュアルお団子

カジュアル感を出すには、やっぱり“高い位置”でお団子にするのがコツ。子供っぽく見せないために、後れ毛や毛先を遊ばせるのがポイント。さらに、お団子部分もフンワリと♡

ポイント①高い位置でザックリ束ねる

お団子に“大人な要素”をプラスするには、お団子部分をフワッとボリューミーに仕上げるのがポイント。動くとフワフワと揺れるぐらい、思いっきりラフにほぐします。

①頭頂部、高い位置で輪っかのお団子を大きく作る。
②お団子部分を裂くようにタップリほぐす。
③毛先を軽くねじり、お団子に巻きつけてピン留めする。
④土台部分も軽くほぐす。

ポイント②崩れ防止に三つ編みを使う

大人可愛いフワフワのお団子。でも動き回ると崩れそうで…。外で過ごす時間が長い日は不安ですよね。そんな時は三つ編みを取り入れたお団子がオススメです。編まれているので、少々の動きや風にも対応できますよ。

①高めの位置でポニーテールを作る。
②毛束を少し取り、ねじってゴムに巻き付ける。
③残りの毛束は、毛先を多めに残して三つ編みにし、タップリほぐす。
④②に巻き付けて、ピン留めする。
※毛先を出して遊ばせるのがポイント。

ポイント③多毛少毛さんはお団子を二つに分ける

毛量が多くて一つ束ねるのが難しい人、逆にボリュームが出にくい人、共にオススメなのが“お団子を二つに分ける”ワザ。束ねやすくなり、ボリュームも思いのままなので、バランスの良いお団子が作りやすくなります。

記事に関するお問い合わせ