無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちょっと差がつく♡セルフ動画で解説「進化系お団子」9選

ヘアスタイル

夏こそお団子!

海水浴にフェス、夏祭りに花火大会…楽しいイベントが盛りだくさんの夏。思いっきり楽しむために、いちいちヘアスタイルを気にしている場合ではありませんよね。そこでオススメなのがお団子スタイルです。

でも、周りのみんなもお団子でかぶりそう…そんな声にお応えして、今回は“みんなとちょっと違う”ワザありのお団子スタイルをご紹介します。簡単なのにオシャレ度満点、真似するだけでOKのセルフ動画を集めました!

動きまわっても崩れ知らず!

1.崩れ知らずお団子

夏といえば高い位置のお団子をイメージしますよね。ロカリ世代はふんわりボリュームいっぱいに、大人可愛く仕上げます。そのうえで、濡れても動いても崩れないことは必須条件。それを叶えるワザが“三つ編み”です。

①高い位置でポニーテールを作る。
②少し束を引き出し、ロープ編みにしてゴムに巻き付ける。
③残りの髪を三つ編みにし、タップリほぐして巻き付ける。
④毛先は遊ばせた状態でピン留めする。

2.ダブルお団子

お団子を縦に2つ作るアレンジ。最後にロープ編みをプラスして、後ろ姿も“魅せる”ワザありスタイルに。あえて、後れ毛を出さずスッキリ仕上げる方が涼しげな印象になります。

①耳上の髪を輪っかのお団子にして軽くほぐす。
②残りの髪を上下半分に分け、上の髪を輪っかのお団子にしてほぐす。
③下の髪をロープ編みにし、2つのお団子に巻きつけてピン留めする。
④全体を軽くほぐす。

3.毛先ルーズお団子

あえて毛先をタップリ残したお団子は、顔周りをスッキリさせつつ、揺れる毛先がフェミニンな印象に。「とりあえず感」が出ないよう、夏っぽヘアアクセでアクセントをつけましょう。

①しっかり手ぐしを通し、高い位置で輪っかのポニーテールを作る。
②土台とお団子部分をほぐす。
③お団子が丸くなるよう、ピン留めする。
④ヘアアクセで飾る。

記事に関するお問い合わせ