無料の会員登録をすると
お気に入りができます

輪郭のもたつき、口角の下がりをケア! 村木宏衣式・お悩み別「顔筋ほぐし術」をレクチャー

美容

「MAQUIA」8月号では、アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さんが、むくみ・歪みを解消して立体小顔を目指す"顔筋ほぐし"術を指南。今回は、フェイスラインやゴルゴラインなど、パーツ別のほぐし術をご紹介!

\ 小顔&立体感視点で厳選! /

お悩み別

ほぐし術

基本の3ステップに、気になるパーツのケアをプラス。むくみなどへの応急ケアはもちろん、毎日続けることで顔の印象も変化。

フェイスラインのもたつき

あごの関節は歪みの影響を受けやすく、あご下のリンパの流れも悪くなりがち。老廃物がたまるとむくみやもたつきを招きます。

1 あごの中心からやや外側の骨のキワに手を

あごの約2cm内側にある骨の横に反対の人さし指を当てる。

2 エラに向かって片側6カ所に指をずらす

「あぐあぐ」と口を開閉。あごがたるむラインに指を添えて。

8セット×12カ所

口角の下がり

目頭から斜め下に垂れ下がるゴルゴラインは鼻の脇や頬骨から口角をつなぐ筋肉の衰えが原因。鍛えれば立体的な頬に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ