無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無理なく食費月2万円台!節約成功者が絶対やってる「たった5つの必勝ルール」

節約・マネー

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

月末は、給料日までのやりくりが気になるタイミングですね。
そこで、今回は、これまでの記事の中で反響の高かった、食費節約達人が必ずやっている3つのルールを厳選してご紹介します。
マネするだけで、月2万円台だって夢じゃありません!

【食費節約ルール1】今使っている食費の額を把握する

食費が高い人に共通するのが、自分がいくら使っているのかわかっていないということ。
1カ月を通してもそうですし、月の半ばでも、かかった食費の額を把握していません。

食費を減らすには、まず1カ月の額を把握するのが必要不可欠。
そうでないと、現状「いくら」を「いくら」まで減らすのか、目標が立てられませんし、目標がないと結局減ったか減ってないかわからない状態に。

確実に減らしたい、月末には減らした分の現金を手元に残したいと思うなら、まず今かかっている正確な額を把握することが最優先です。

【食費節約ルール2】“現実的”な目標額を決める

食費節約に失敗する人の特徴として、現状月8万円かかっているのに3万円を目指すなど、いきなり無理な目標を掲げることがあります。

8万円かかっているのには、理由があるはず。
まず、今いくら使っているか把握したら、使っている内容も確認しましょう。何に使ってその額になっているのか、それは適正なのか。無駄な買い物はなかったか。

内容を把握すると、「これは要らなかったかも」「こんなに買っても使い切るのが大変だった」など、買い物の傾向がわかるはずです。

その「ムダ」の部分は節約できるはずの金額。それを目標額にすれば、現実的で達成可能な目標を決めることができます。

【食費節約ルール3】買い物のたびにお金の管理をする

食費の目標額が決まったら、それを達成するために、細かく管理をすることが重要です。

1回の買い物で使い過ぎる額は少しでも、その積み重ねが高額の食費の原因に。1回1回の額をきちんと把握することが大切です。

節約達人たちは、週予算や、1回の買い物の予算を決めている人がほとんど。
初心者さんの場合、小さい単位で把握したほうが管理しやすいので、まずは1回の買い物、もしくは1日ごとの予算管理がお勧めです。

1回の買い物で使っていい額を決め、買い物が終わったらその額が守れているか確認する。そして、その月の残金も把握しておく。
予算を意識することで、自然と買う物が絞られていきますし、まずはそれさえ守れば自動的に目標を達成できます。

【食費節約ルール4】欲しい物の「底値」を徹底的に調べる!

食費が激安な人は、徹底的に買い物上手です。食費を減らすということは、物理的に出費を減らすということ。同じ量を買うなら、安く買っている人が食費が少なくなるのは当然ですよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ