無料の会員登録をすると
お気に入りができます

膝が曲がってる?歩き方の癖でわかるあなたの脚が痩せない理由

美容

自分の歩き方や立ち方などの動きの癖を知り、それを改善すると、脚痩せしスタイルがよくなる可能性が高いです。鏡などに姿を映し、自分の普段の歩き方をセルフチェックしてみましょう。気軽にできるのでぜひ日々の生活で実践してみてください。

足が痩せない人の癖に合わせた超簡単解決法

脂肪と一緒に“面倒くさがり”を脱ごう

脚痩せは難しいと感じている人は、実は「伸びしろ」がいっぱいです。自分の歩き方や立ち方、動きの癖を知り、癖を直す動きのコツを身につけるだけで、短期間でスタイル美人になる可能性があるのです。さっそく隙間時間でできるスラリとする動きを身につけて、次の季節までに変身しちゃいましょう。

まず、「脚痩せは難しい」と感じている人は、記事を読み進める前に、普段のように歩いてセルフチェックしてみましょう。可能であれば、鏡などで見ながら歩いてみてください。

▼INDEX : 脚痩せしにくくなる「立ち方や動きの癖」

1.太ももの力だけで歩く癖がある
2.膝を伸ばし過ぎて、ふくらはぎが後ろに出ている
3.歩くとき・立つとき、膝が曲がったままになっている
4.足の小指側に重心を置いて立ったり歩いたりしている

1.太ももの力だけで歩く癖がある

腰をがっちり固定し、脚だけ動かしていませんか?

まず、太ももが痩せにくくて脚痩せを希望する人に歩いていただくと、股関節から下だけを動かし歩いているケースがほとんどです。腰をがっちり固定し、脚だけ動かしていませんか?

それにより、

ということになりがちです。ではどうすれば改善できるのでしょうか?

■骨盤から足を動かして歩いて解決!

腰から出すイメージで。

今までは脚と認識していなかった骨盤 (寛骨) を脚の一部ととらえ、腰から脚を出すイメージで、骨盤から動かして歩いてみましょう。

これにより、

などが期待できます。

少しの違いですが、スラリと見える歩き方では、腰を動かすことにより、お腹のサイドから下腹の筋肉(外腹斜筋・がいふくしゃきん)を合わせて動かすため、下腹部の引き締め・ガードル効果も期待できます。

2.膝を伸ばし過ぎて、ふくらはぎが後ろに出ている

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ