無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏、排水口からのイヤ〜なニオイが気になる!身近なものでお手軽&時短「お掃除アイデア」

インテリア

こんにちは。ライターのryuryuです!

梅雨の時期から暑い夏の間、排水口から嫌〜な臭いがあがってくることも……普段こまめに掃除していても臭いが出てしまうので困りもの。

そんな臭いの解決法として、私が普段行っている排水口の掃除方法を紹介します。

用意するモノ:スプレー式漂白剤

使うのは酸素系漂白剤やハイターなどのスプレー式漂白剤です。
まず、排水口の防臭トラップを開けて、全てのパーツにハイターをかけるor酸素系漂白剤で漬けおきし、15分程度おいてから流します。

この時汚れが落ちていなかったらスポンジや歯ブラシ等で磨いてあげます。

シンクの黄ばみが気になるときはパーツを漂白する際、シンクにもハイターをかけておくこともあります。

その後、酸素系漂白剤をパイプの中に入れて、お湯を少し流します。この作業で、臭いの原因となっているU字パイプの汚れをはがします。

1時間程度おいたら、排水口に栓をしてお湯をシンクに7割程度溜めます。

手が届きにくいところは水圧で流す

溜め終わったら栓を抜いて一気に流します。こうすることで、排水パイプの汚れを水圧で流すことができます。

どんなに表面上きれいにしても奥のパイプまでは掃除できていないし、パイプにブラシを入れて掃除するのは抵抗がある……。
そんなときは、水圧できれいにしてしまうと楽チンです!!

この掃除方法を継続すると、パイプ内をきれいに保てるので、2週〜月に1回を目安に繰り返すようにしています。

キッチンだけでなく、洗面台の排水口もこちらのやり方で臭いを防止できるので、臭いが気になる方はぜひ試してみてください!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ