無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「暇な日、何しよう?」先輩女子が教える、一人の時間が充実する休日の過ごし方5選

旅行・おでかけ

一人の休日時間が充実すると、毎日が楽しくなる!

映画館や美術館、カフェなど「いつか行ってみたい」と思いながら、一緒に行く人がいなくてそのままになっているスポットはありませんか?

実は、一歩踏み出して一人でお出かけしてみた人からは「自分のペースで回れて一人のほうが気楽だった 」「もっと早く行ってみればよかった」なんて声を聞くことも多いんですよ。一人で過ごすお休みの時間が充実すると、平日も「次の休みはあそこに行ってみよう!」とワクワクすることが増える効果も!

今回は筆者のまわりにいる30代~40代の先輩女子の声を元に、一人でもサクッと行きやすいオススメのスポットと過ごし方を紹介します。

【1】3万冊の本に囲まれた「贅沢な本屋」で美味しいコーヒーと読書にふける

「休みの日は早めに起きて本屋までお散歩。気になる本か雑誌を買って帰って、美味しいコーヒーを豆から挽いて、ゆっくり淹れる。そして旅行雑誌を見て行きたい場所を考えるのが至福です」(28歳/金融関係)

「金曜日にお気に入りのパティスリーで焼菓子を買っておいて、つまみながら読みかけの小説を読む。疲れたら昼寝する。最高の休日です」(27歳/印刷関係勤務)

「ベランダに植物の鉢とベンチ、小さなテーブルを置いて、読書スペースを作ってから本を読む時間が増えました。落ち着きます」(33歳/保育士)

休みの日に思いっきり本を読むのも贅沢な時間ですよね。でも、家だと片付いていない部屋が目についたり、意外と集中して読書するのが難しかったりするもの。もちろん地元の図書館で過ごすのもいいけれど、たまにはラグジュアリーな空間で読書を体験してみるのも新鮮ですよ。

“時間つぶしに立ち寄る場所”という本屋の印象を覆す、素敵な空間「文喫」をご存知ですか?"入館料を払って入る”というこれまでになかった新しい形態の本屋として、閉店が惜しまれた青山ブックセンター跡地にオープンしました。約3万冊の本とゆったりした空間で読書を楽しむことができ、気に入った本は買って帰ることもできます。

靴を脱いでリラックスできる小上がりや、PC作業が出来るデスクスペースなどエリアがいくつも別れており、喫茶スペースも併設。お腹が空いたら、ハヤシライスやカレー、ドリアなどのフードメニューもあるので、朝から晩までゆったり過ごせます。

「文喫」に入るには入館料1,620円がかかりますが、本格的なコーヒーと緑茶が飲み放題なので、行った人からは「静かで落ち着くし、混んだカフェで長時間過ごすよりかなりお得感がある」という感想も。

ネットで本を購入するのは便利ですが、実際に書店に行く良さは“思いがけない面白い本との出会い”もあること。ふだんは手に取らないジャンルの棚に行ってみると、意外な出会いがあるかも。本に集中して浸れる空間で、誰にも邪魔されず好きなだけ本が読める贅沢な楽しみを味わってみてくださいね。

文喫

住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル 1F
電話番号:03-6438-9120
営業時間:9:00~23:00(L.O.22:30)
入場料:1,620円
定休日:不定休
最寄駅:六本木

【2】都心のオアシス「大人限定のスパ」で癒されて、女子力アップ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ