無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「暇な日、何しよう?」先輩女子が教える、一人の時間が充実する休日の過ごし方5選

旅行・おでかけ

蹴りっぱなし
住所:東京都千代田区神田神保町1-4日商第一ビル2F 神保町ゴルフスクール内
電話番号:090-4837-2360
営業時間:火木7:00~9:00、土18:00~23:00
料金:1時間2,000円
定休日:月、水、金、日
最寄駅:神保町/御茶ノ水

【4】「美術館」でアートとグルメを堪能して、自分をアップデート!

Photo: Kenta Hasegawa

「美術館に行くときは一人の方が◎。自分の観たいペースで回れます。注目の作品を、しっかりと時間をかけて鑑賞できますし」(35歳/法律事務所勤務)

「好きなアーティストの展示は1年中マメにチェックして、なるべく初日に近い日程で行きます。早めにいったほうが空いてるし、ゆっくり見られるからいいですよ」(25歳/旅行業界勤務)

「スマホばかり見てるといつも下を向きがちですよね。ある方に教えてもらったのですが、アート作品って目の位置より上を眺めることが多いから、目線がガラッと変わるでしょ。それだけでも脳の感覚が変わって何か思いついたりしやすいんですって。アイデアが思いつかないときとか、休日にフラッと美術館に行くと、帰り道にパッとアイデアが湧いたりすることがあるので確かに効果がある気がしてます」(36歳/デザイナー)

アーティストたちの思いが詰まった作品に触れることで、これまでの自分とは違う、新たな視点を身に付けることができるかもしれません。 2019年3月にリニューアル・オープンした、東京メトロ 都営大江戸線 清澄白河駅にある「東京都現代美術館」にはもう行きましたか?
約3年の休館を経てリニューアルし、カフェ「二階のサンドイッチ」レストラン「100本のスプーン」などの施設が充実しており、「食」も「アート」も好きな女性なら1日中いても飽きないでしょう。

サクッと一人で美術館に行ける女性って、なんだか大人の印象がありますよね。自分の世界を持っている女性って素敵です。「私ってもしかして5年前と比べて成長してないかも!?」なんて焦りや行き詰まりを感じることがあったら、アートにあふれた空間に身を置くのがオススメ。

開発好明《受験の壁》(2016年再制作)Photo: 開発好明

現在は「あそびのじかん」を展示中(2019年10月20日まで)。「あそび」をテーマに実際に触ったり工作したりできる大人も楽しめる体験型の作品が展示されています。子供の頃のように、何かに夢中になったり無心になって遊ぶ感覚が思い出せるかも?

歩きまわってお腹が空いたら、「二階のサンドイッチ」で休憩を。一人でも立ち寄りやすい明るい開放的な店内で、サンドイッチとスイーツを楽しめます。鯖のソテーにチリソースを絡めて香草とレモンをきかせた「沼津港直送 鯖のオリエンタルサンドイッチ」(734円)など、日替わりで登場するオリジナルの具材が楽しいサンドイッチが揃っていますよ。テイクアウトも可能なので、中庭でのんびり頂くのも楽しそうですね。

東京都現代美術館

住所:東京都江東区三好4-1-1
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)、8月中の毎金曜は21:00まで開館
休館日:月曜日※祝日の場合は翌平日(ただし8/12、9/16、9/23、10/14は開館)、8/13、9/17、9/24、10/15
最寄り駅:清澄白河
観覧料:展示により異なる

二階のサンドイッチ
住所:東京都江東区三好4-1-1
電話番号:03-6458-5708
営業時間:10:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:美術館休館日

【5】一度体験したらやみつきに!?「ミニシアター」で、映画の世界にどっぷり浸る

「昔は一人で映画なんて絶対無理だと思ってたけど、一回飲み会の帰りにお酒の勢いで一人で行ってみたら、ハマっちゃったんですよね。誰かと一緒に行くと、観たい作品の趣味が合わないこともあるけど、一人なら自分が観たいものを観られる。人と被らない映画を観るのが好きです」(30歳/アパレル関係)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ