無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「休日引きこもり」派の、おうち満喫プラン

ライフスタイル

仕事が一段落して、やっと週末! 「思いっきり遊びたい!」と考えても、やっぱり疲れて何もできない……。

今回、アラサー女性に行った「休日はおでかけ派? 引きこもり派? 」というアンケートでは、「ひきこもり派」「どちらかというとひきこもり派」とこたえた女性が全体で52.4%もいる結果になりました。

「休日は引きこもる」という女性は5割以上

Q. 休日は「おでかけ派」ですか? 「引きこもり派」ですか?

断然、おでかけ派!(15.3%)
どちらかというとおでかけ派(32.3%)
どちらかというとひきこもり派(29.3%)
ひきこもり派!(23.1%)
※有効回答数399件。単数回答式。

あまり体力のない筆者からすると、“休日引きこもり派”が多いこの結果は「わかる、わかる」と共感しかありません。特に残業や過労がつづいてしまうと、「週末くらいはずっと寝ていたい」と思うのも当然ですよね。

ただ、「休日は引きこもっている」といっても、さまざまな過ごし方があるようです。まずは、女性のみなさんがどのような“引きこもりの休日”を送っているのか見てみましょう。

休日引きこもり派のオススメの過ごし方

その1.ずっと寝て過ごす

・「目覚ましをかけずに寝る」(26歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
・「とにかく昼寝。家から一歩も出ないで寝て過ごす」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

だらだらとお昼まで寝て、ごはんを食べて、また眠って……。それができるのも、予定がない休日だからこそ。

睡眠不足はお肌によくないとも聞きますし、休みの日に元気をチャージするのは、美しさを保つうえでも欠かせませんよね。

その2.好きな音楽を聴きながらゆっくり

・「家で音楽を聴きながら読書」(32歳/その他/クリエイティブ職)
・「好きな音楽を聴きながら家事」(27歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

軽快なリズムや、心にうったえかける歌詞など、お気に入りの曲を聴くと、気持ちが前向きになれるもの。

心を落ちつけたり、いやされたりする効果も期待できるので、疲れてグッタリしたときにこそ、大好きな曲を聴いてゆっくりしたいものです。

その3.テレビやネットを観てすごす

・「録っていたテレビの鑑賞や、ネット検索」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「家でゴロゴロ、Netflixを見る」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ