無料の会員登録をすると
お気に入りができます

4人家族で手取り月収26万円でも「年100万円貯蓄」に成功!すぐ"貯めグセ"がつく唯一の方法

節約・マネー

こんにちは。家族4人、食費月15,000円が目標の、節約系ヨムーノライター@hari-kakeiboです。

貯金をしたいと思ってる方はたくさんいると思います。
しかし、「今月も貯金できなかった……、貯金したいけど、なかなか貯まらない……」そんな方も多いのではないでしょうか。私も独身時代はそうでした(泣)。

結婚して家計管理を始めたころ、「絶対貯金する」と決意し実行したことが、ひとつあります。
これを実践することで、自然と貯金するクセがつき、昨年も100万円貯金することできました。

「先取り貯金」で、貯めグセをつけよう

私がやったことは先取り貯金です。

毎月のお給料やボーナスから、「貯金用のお金」と決めた金額を先取りし、分けておきます。
そしてそのお金にはなるべく手をつけない。

こうすることで、貯金するクセがつき、貯金しやすくなると思います。

「お給料が余ったら貯金」はNG!

毎月のお給料のうち使わなかったお金を貯金しようと考えている方も多いかもしれません。
それで毎月貯金できていれば良いのですが、大体の場合はなかなか残らないのではないでしょうか。

欲しい服、化粧品、外食……。
今月のお給料が余っていれば、「ま~いっか」と、使ってしまうこともありますよね。
そうなると、なかなかお金は残りません。

私の独身時代は、まさにこれでした。
毎月残ったお金を貯金しようと思っているけれどなかなかできない!という場合は、そのやり方はNGです。

「先取り貯金」の始め方

まずは毎月のお給料が出たらすぐに、先取り貯金分を別口座や専用の封筒などに振り分けます。

ちなみに我が家は手取り26万で、毎月2万円の先取り貯金をしています。

もし、毎月のお給料から先取り貯金分を出せない場合は、毎月の固定費を見直してみてください!
我が家はケータイを格安SIMに変えたり、月額のかかっていた動画サイトなどを解約したり、固定費を見直して浮いたお金を先取り貯金にまわしました。

無理のない範囲の金額設定

先取り貯金で大事なのは、無理のない金額設定です。
無理して何万円も先取りする必要はありません。

毎月赤字になって結局、先取り貯金に手をつけてしまっては本末転倒。
まずは数千円から、先取り貯金を確実に貯金できるようになったら、少しずつ金額を大きくしていくのも良いと思いますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ