無料の会員登録をすると
お気に入りができます

味付けには要注意?「かぼちゃダイエット」の失敗しないやり方

美容

かぼちゃダイエットの効果は?

便秘を解消する

かぼちゃに多く含まれているのが、食物繊維。食物繊維は第6の栄養素とも言われ、最近特に注目されている栄養素です。働きとしては、便通を促す作用があり腸内の老廃物を排出してくれる役割があります。

また、脂質や糖を吸着して身体の外に排出する働きがあるため、これらを摂り過ぎることによって引き起こされる、肥満や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の改善や予防が期待できるとされています。(※1)

むくみを解消する

かぼちゃに多く含まれているカリウムですが、血液中のナトリウムを体外へ排出してくれる働きがあり、塩分のとり過ぎを調節する作用が期待できますよ。

むくみやすい人は、カリウムをとり入れることで体がすっきりと見えるようになるかもしれませんね。

かぼちゃはダイエットに向いているの?

カロリー

かぼちゃで気になる点といえばカロリーです。100gで91kcalと野菜の中ではカロリーは高めです。一方で、ごはんのカロリーは100gあたり168kcalなので、ごはんと比べるとややカロリーは低いことがわかります。(※2.3)

また、かぼちゃにはごはんにあまり含まれていない、ビタミンAやEなどがあるので、女性にうれしい抗酸化作用や血流促進などの働きが期待できますよ。

糖質量

ダイエットで気になるのが糖質量。糖質は体を動かすうえで大切なエネルギー源ですが、摂りすぎてしまうと脂肪として蓄積されてしまいます。

かぼちゃの糖質量は100gあたり17.1gで、ごはんが35.6gなので、かぼちゃの糖質量は約半分ほどです。(※2.3)

食物繊維量

かぼちゃの食物繊維の量は100gあたり3.5g、白米は1.5gになるため、かぼちゃのほうが約2倍以上も含まれています。(※2.3)

食物繊維は腹持ちもよくする作用が期待できるといわれているので、食べ過ぎ防止に繋がるかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ