無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋バテ解消!残暑を乗り切る「疲れないカラダ」の作り方

だんだんと涼しい季節になってきましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。その気候のせいで、秋になると秋バテになってしまう人も多いようです。そこで今回は、栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者が、秋バテや残暑を乗り切るための、疲れない体を作る方法をご紹介していきます。

ライフスタイル

残暑のせい!?秋バテはなぜ起こる?

真夏の厳しい暑さは和らいでも、まだまだじっとりと暑い日が続くと、なんだか疲れが抜けませんよね。人によっては、食欲がなくなったり、朝起きるのが辛くなったりすることもあるでしょう。

このような状態は「秋バテ」とも呼ばれます。原因は、「夏バテ」が抜けないこと、気温差に体が順応できず自律神経が乱れることなどが考えられます。

放っておくと、疲労感や倦怠感だけでなく、不眠やイライラといったさまざまなお悩みに繋がってしまいます。早めに、残暑の秋バテ対策をして、疲れない体で秋を迎えましょう!

秋バテ解消法1:体を動かして疲れをとる

「アクティブリカバリー」「アクティブレスト」という言葉を聞いたことがありますか。アクティブリカバリーとは積極的に体を動かして疲れを取るという方法です。

疲労の原因として、筋肉に疲労物質が貯まるということが挙げられます。アクティブリカバリーを行うと筋肉への血液の流れが増え、疲労物質が筋肉から取り除かれます。

アクティブリカバリーの方法は簡単で、歩いたりジョギングくらいの軽い運動を10分〜20分行うだけでOKです。

注意点としては、つい速く走ったりして強度を高くしないことです。強度が高いとさらに疲れてしまう原因になります。

秋バテ解消法2:マッサージで筋肉をほぐす

マッサージを行うことも疲れを取るのに有効です。マッサージ屋さんに行くと本格的なマッサージを受けることができるので、月に1回はマッサージ屋に行くことをオススメします。

マッサージは自分でも行うことができます。背中の筋肉は少しマッサージがしずらいですが、足や腕の筋肉は自分でももみほぐすことができます。

疲れを感じたり筋肉がしんどいなと感じた時にはマッサージで筋肉をもみほぐしましょう。

秋バテ解消法3:睡眠の質を高める

疲れない体を手にいれるためには睡眠の質を高めておくことも重要です。寝ている間は唯一脳が休める時間です。脳は体を動かすための司令塔なので、睡眠の質を高めて脳をしっかり休めてあげましょう。

睡眠の質を高める方法としては自分に合った枕を使ったり、部屋の電気を消してできるだけ真っ暗な状態で寝るということが挙げられます。

寝る環境を改善するだけで疲れにくい体を手に入れられるので、今の環境がよくないという方は取り組みましょう。

秋バテ解消法4:シャワーで体を冷やす

まだ暑い季節が続いていますが、暑さも疲れの原因になります。体温が上がると脳の働きが悪くなったり筋肉がうまく動かなくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ