無料の会員登録をすると
お気に入りができます

元・片付け下手の整理収納アドバイザー発「身軽な暮らしでストレスゼロ!5つの心得」

ライフスタイル

こんにちは、ライターの整理収納アドバイザー七尾です。

元々片づけが苦手で、仕事や家事に追われながらバタバタと忙しく過ごしていた私でしたが、整理収納アドバイザーになってからは、以前よりもずっと「モノも心も身軽に暮らせている」と感じます。
お買い物は以前と変わらず好きですし、必要以上に我慢している感覚も特にないのですが、余計なモノや余計な心配ごとがなく、すごく身軽になった自分を感じます。

そこで今回は、 自分が以前から変化して、身軽になったと感じる5つのポイントをご紹介します。

不要なモノはタダでももらわない

まず1つ目の変化は、「不要なモノはタダでももらわなくなった」という点です。

これは、言い方を変えると「モノを家に入れるハードルが以前よりも上がった」ということでもあると思います。

ちょっとしたポケットティッシュやスーパーのレジ袋などであっても、「家にあるから今要らないな」と思ったらできるだけもらわないようにしています。

付録つきの雑誌なども以前は可愛いと思ったらすぐ買ってしまっていましたが、今は本当に使いたいモノ以外はほとんど買わなくなりました。

「いただきもの」はすぐに消費する

2つ目の変化は、「いただきものはすぐに消費する」ようになった点です。

特に多いいただきものは食べ物関係ですが、それ以外にも化粧品のサンプルやギフトの日用品など、ちょっとしたモノが家に入ってくることがよくありますよね。

普段の暮らしのフローにないものは滞留しがちになるので、意識的にすぐ消費するように心がけています。

どんなモノも基本的には早く消費した方が品質も良い状態が保てますし、「賞味期限いつまでだっけ……」と気にし続けないといけないという、心のストレスを手放すことにもつながる気がします。

ファッションは服をシンプルに、小物で変化をつける

3つ目の変化は、増えがちな洋服に関することですが、最近は「服はシンプル、小物で変化をつける」というのがすっかり定番になりました。

以前はファッション誌などを見てトレンドの服などを買うこともよくありましたが、最近は服は流行り廃りがあまりなく、自分のライフスタイルに合ったシンプルなものを買うことが増えました。

その分、スカーフやピアス、バングルやヘアアクセサリーなど、かさばらない小物で自分らしいものを取り入れることが増えたように思います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ