無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[洗濯ハンガー]“イライラしない”を追求してみたら…

ライフスタイル

ハンガーひとつで洗濯物を干すのも取りこむのも楽になる!

襟のつまった服は無理にハンガーに通すと首元が伸びてしまうので、気をつけながら干すのは正直めんどうですよね。ハンガーから1つずつ外していくのも時間がかかってイライラの原因に……。

そんなイライラを解消できる、とっておきのたためる洗濯ハンガーを4商品集めました!

今回は洗濯のプロにご協力いただき、「干しやすさ」「取りこみやすさ」の2項目を比較しました。

ではさっそく結果を見てみましょう。評価の高い順からご紹介します!

ワンタッチ式で“干しやすさ”と“取りこみやすさ”抜群のダイヤ!

ダイヤコーポレーション
ワンタッチハンガー8連
実勢価格:909円

今回のテストで最も評価が高かったのは、ダイヤ「ワンタッチハンガー8連」。ワンタッチで1つ1つのハンガーが折りたためる優れもの。干しやすさ、取りこみやすさ、ともに高評価です!

▼テスト結果
 干しやすさ  :★★★★
 取り込みやすさ:★★★★

ハンガーを閉じた状態で、下から差し込むだけでスッと干せます。首の詰まったTシャツやボタンをとめたままのワイシャツもOK。引っ張ったりせずに干せるので、服が伸びる心配もありません。

そして、ハンガーを衣類と一緒に広げるとそのまま干せます。

ハンガーの間隔が広いので、服同士が重なってジャマにならないのも乾きやすいと好評でした!

取り込むときもスピーディ。ネック部分をつまむとワンタッチでハンガーが閉じる仕組みになっています。取りこみのわずらわしさが一切なく、ノンストレス間違いなしの製品です!

間隔がややせまいレックのたためる8連ハンガー

レック
新機能・たためる8連ハンガー(スライド)
実勢価格:1480円

次に評価がよかったのが、レックの「新機能・たためる8連ハンガー」です。ハンガーの取り外しはできませんが、その分、衣類をかけやすいのが特徴です。

▼テスト結果
 干しやすさ  :★★★☆
 取り込みやすさ:★★★☆

ハンガーが外れないため、かけやすさは良好! ハンガーの間隔がやや狭いのがネックですが、肩の部分をスライドすれば、約7センチまで伸びるので、脇が開いて乾きやすいです。

取り込み時はハンガーを手で折りたたむ必要があり、ワンタッチで取りこめる手軽なダイヤコーポレーションのハンガーよりは低評価となりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ