無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“炊きたてごはん”と“できたておかず”をほったらかしで作る裏ワザ

ライフスタイル

“炊飯”と“おかずの調理”まとめてやれる裏ワザはないの?

毎日大変な“炊飯”と“おかずの調理”、ぜんぶまとめて、ほったらかしで済ませる方法はないものか…。家事、育児、仕事に追われるママさんなら一度は思いますよね。

実はそれ、このあとご紹介するアイテム使えば、叶っちゃうんです。ずばり、時短にもなるし、電気代やガス代の節約にもなります。

とはいえど、ちょっぴり弱点もあるアイテムなので、しっかりと吟味してみてください。それでは商品をご紹介しますね。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

炊飯ついでにおかず、もう1品!時短と節約を叶える魔法のカップ

東洋セラミックス
有田焼 楽楽エコカップ
実勢価格:2160円

サイズ:約直径9.5×高さ10.5cm
重量:約280g
素材:鍋-磁器
容量:約340cc

今回は、炊飯と同時に約2人分の煮物が作れる東洋セラミックスの「有田焼 楽楽エコカップ」を試してみました。

果たして、使い勝手や料理の質はどのような結果だったのでしょうか。要点をチェックしていきましょう。

まず、使い方はいたって簡単でした。

例えば、肉じゃがを作るとしたら、ジャーの炊飯を開始する前に、肉じゃがの材料を楽楽エコカップに入れ、研いだお米が入ったお釜の中央に配置するだけ。

出来上がった肉じゃがを実食したところ、上手に煮えていました。炊飯と一緒におかずを調理するので、時間も光熱費もカットできます。

忙しいけど、料理を作らなくてはいけない働くお母さん、栄養を気遣って自炊したい一人暮らしのビジネスマンには向いている製品かもしれません。

約23品の料理レシピも付いているので、材料さえあれば、すぐに調理を実践することができますよ。

便利、節約、美味が叶いますがちょっぴり弱点もありました

実際に使用してみてわかった弱点は、器の周りがお米だらけになってしまうこと…。

肉じゃがはしっかり美味しく作れましたが、後片付けで洗う際に手間が発生してしまいそうですね。

ただ、“同時調理による時短”や“電気代の節約”と引き換えの手間と考えれば、致し方ないことなのではとも思えます。

以上、東洋セラミックスの「有田焼 楽楽エコカップ」のレビュー紹介でした。

シンプルに時短、節約を家事に求める方であれば、購入を検討する余地のある商品かもしれません。今回のレビュー、ぜひ購入の指針にしてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ