無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いっそ今夜は泊まっちゃお!ヒノキ風呂が贅沢♪焼き立てパンまで食べられるなんて最高か!

2019年6月、浅草橋に「CAFÉ / MINIMAL HOTEL OUR OUR」がオープン。宿泊者以外も利用できるヒノキ風呂をはじめ、使い勝手のいいカフェバーや、こだわりの食パン専門店を併設しています。朝はパンとコーヒーの香りで目覚められるんだそう♪「贅沢な時間が過ごせる」と話題の“ミニマルホテル”をご紹介します。

旅行・おでかけ

下町観光に絶好のロケーション/CAFÉ / MINIMAL HOTEL OUR OUR

「CAFE / MINIMAL HOTEL OUR OUR(カフェ アンド ミニマルホテル アゥア)」は、浅草橋駅東口から徒歩約7分。下町観光のベースにうってつけのロケーションです。

“ミニマルホテル”とは、最低限の設備とサービスながら、機能性やデザイン性にこだわった宿泊施設のこと。「お金はかけたくないけど、快適さや清潔さは譲れない」というワガママな要望に応えてくれる、ありがたいホテルなんです♪

中はカジュアルで親しみやすい雰囲気。右手にある長いカウンターの手前が食パン専門店、奥がホテルのフロントで、さらにその奥がカフェバーになっています。

同ホテルを手がけるのは、老舗鞄専門商社の「林五(はやしご)」。「これまでとは違った立場から旅に関わりたい」とホテル業界に参入。さまざまな人が共存できる場所であってほしいという想いを込めて「OUR(私たちの)」という名前を付けたそうです。

客室は一人用のカプセルタイプ、最大四人で使えるグループ用の部屋、二人で泊まれる部屋の3タイプ。宿泊以外にも仮眠やワークスペースとしても利用できます。

まずはフロントでチェックイン。支払いを済ませると、部屋の鍵やアメニティセット、1階のカフェバーで使えるドリンクチケットを受け取ります。アメニティセットの中身は、ボディタオル、歯ブラシ、歯磨き粉、ヘアゴム、ヘアブラシ、綿棒と充実しています。

カプセル型でも閉塞感ゼロ!斬新な設計の宿泊スペース

同施設は5階建てで、2〜4階の3フロアが宿泊スペース。どのフロアも、木のぬくもりが感じられる落ち着いたデザインです。全69室の大半はカプセルタイプの「PERSONAL ROOM」(朝食付き4,400円~)。

照明スイッチやUSB対応のコンセントなどは、枕元にまとまっていて便利。また、館内では無料Wi-Fiが使えます。

ベッドの向かいにはロッカーが並び、その上の窓からは、壁に掛けられたアートが眺められるようになっています。この粋なデザインのおかげで閉塞感もなく、朝は焼き立てのパンとコーヒーの香りで目覚められます♡

大きめのロッカーは、スーツケースなどの大きな荷物の出し入れもスムーズで好評だそう。

最大4名で利用できる「Group Room」(朝食付き一部屋17,600円~)は、鍵付きの部屋の中にカプセルタイプのベッドが配置された、まるで秘密基地のような空間♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ