無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[これは流行る]江戸から続く老舗の新スイーツ、予想外にめちゃくちゃかわいいのだが・・・!

グルメ

老舗和菓子屋が手掛ける“進化形”和スイーツを堪能!/大三萬年堂HANARE

こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。

今回ご紹介するのは、2019年6月にオープンした和カフェ「大三萬年堂HANARE」。江戸中期創業、兵庫県たつの市に本店を構える老舗和菓子店「大三萬年堂」の新ブランドです。

和と洋を融合させた新感覚の和スイーツが名物で、今、女性を中心にじわじわと話題になっているんです。

お店は東京メトロ・淡路町駅、新御茶ノ水駅からそれぞれ徒歩5分ほど。両駅のほぼ中間にある「淡路町ワテラスモール」の1階にあります。

白を基調とした明るく清潔感のある店内は、テーブル席メインの全30席。“老舗和菓子屋”を良い意味で裏切ってくれる、スタイリッシュでおしゃれな空間に、自然と気分も盛り上がります♪

友達とのんびりおしゃべりを楽しむなら、ガラス窓に面した小上がりの畳席がオススメです。窓の外を見ながら足を伸ばしてゆっくりくつろげるので、ついつい長居しちゃいそうですね。

メニューは「苺のあんみつ」(810円)に「黒本わらび餅」(702円)など、和菓子好きにはたまらないラインナップ。その中でもぜひチェックしたいのが、看板メニューの「どらぱん」(486円~)です。

こちらは「大三萬年堂HANARE」のメニューを開発した、「大三萬年堂」の13代目であり、和スイーツ研究家の安原伶香さん。

「“和洋折衷”“温故知新”をテーマにした新しいお菓子で、日本の伝統文化を繋いでいきたい!」という思いから、同店をオープン。女性ならではの視点を生かした、キュートでヘルシーなスイーツを考案するなど、スイーツへの愛がひしひしと伝わります。

手にもっているのが、ウワサの「どらぱん」!その名の通り“どら焼き”と“パン”を組み合わせたスイーツで、どら焼きの皮の代わりに、もちもち食感の米粉パンを使い、餡子やフルーツなどをたっぷりサンドしています。

コロンとしたビジュアルがなんともかわいらしく、江戸時代から続く老舗和菓子屋さんのイメージとは一線を画す、なんともポップなスイーツです!

秘伝の餡子が味の決め手!人気のどらぱん4種類をご紹介

今回は人気の「どらぱん」シリーズから、通年メニューの4種類をご紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ