無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[停電・冠水・避難]今できる「5つの台風対策」警視庁警備部災害対策課の情報まとめ

ライフスタイル

今できること

家にあるバケツに大きめのビニール袋をかぶせ、新聞紙や不要な紙、使い終わったティッシュなどを入れておく

冠水した時に注意したいこと

出典:警視庁警備部災害対策課

警視庁警備部災害対策課

大雨等で道路が冠水すると、水が濁って路面が見えなくなり、蓋の空いたマンホールや側溝落ちて怪我をするおそれがあります。冠水前に避難することがベストですが、やむを得ない時は、脱げやすい長靴は避けスニーカー等紐付きの靴を履いて、傘などの長い棒状のもので路面を確認しながら避難して下さい。

今できること

スニーカー等紐付きの靴、傘など長い棒状のものを用意しておく

(紐がほどけないように十分注意してください)

停電避難で自宅を離れる場合はブレーカーを落とす

出典:警視庁警備部災害対策課

警視庁警備部災害対策課

先日の台風では、停電が解消した後、水に濡れた家電に通電したことが原因と考えられる「通電火災」が発生しております。停電中に避難のため自宅を離れるさいはブレーカーを落としましょう。また復旧通電時の万一の事故に備え、水に濡れた家電は念のため使わないようにしましょう。

今できること

可能な範囲で安全な場所に家電を移動させる

水を運ぶ容器がない場合はバケツとビニール袋で代用

出典:警視庁警備部災害対策課

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ