無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[秋のスキンケア]季節の変わり目には要注意!今やっておくべき美容とは?

ビューティ

秋はゆらぎ肌に陥りやすい

godmake.me

秋は気候としては涼しくて過ごしやすい季節ではありますが、肌はトラブルが発生しやすい時期のため、“ゆらぎ肌”に陥りやすくなります。それは夏に受けた紫外線のダメージの影響があるから。いくら日焼け止めを塗っていたとしても、強烈な紫外線が毎日ふりそそいでいた夏は肌を酷使している状態。そうするとシミの予備軍ができていたり、古い角質がたまりやすくなります。肌がゴワついたりターンオーバーの乱れを引き起こすなど、秋には何かとトラブルを感じやすいと言えるでしょう。

また夏は紫外線だけでなく、冷房による乾燥も引き起こしやすくなります。そのまま秋を迎えると、肌がカサカサしたり化粧ノリが悪くなってしまうことも。秋には新作コスメもたくさん発売されるのに、肌状態が良くないと思うように楽しめなくなります。

そのほかにも、朝と夜の気温差が激しいことや、秋に飛散する花粉などの影響を受ける人もいることから、夏よりもさらに日頃のお手入れや生活習慣を整えることが必要なのです。

秋はスキンケアの見直しが肝心!

美白ケア

godmake.me

夏に受けた紫外線の影響はもちろん、秋だからといって紫外線対策を怠ることは避けましょう。特に晴れた日にはまだまだ強い紫外線がふりそそぎ、日焼けや乾燥を引き起こす原因となります。

そこでやっておきたいのが美白ケア。美白ケアは秋にはもうしなくて良いと思いがちですが、継続して入念にケアしておきましょう。美白ケアに効果的なビタミンC誘導体が配合された化粧水や、トラネキサム酸やアルブチンが配合された薬用美白化粧品などをスキンケアに取り入れると◎。もちろん日中は日焼け止めで紫外線対策を行うことも忘れずに。

低刺激のアイテムに変える

godmake.me

季節の変わり目になると肌がデリケートな状態になるため、いつも使っているスキンケアがなんだか合わないように感じることもあります。そんなゆらぎやすい秋は、低刺激のアイテムをチョイスしてみると良いでしょう。

香料や着色料、アルコールが入っていないタイプのスキンケアは、肌への負担が少なく安心して使えます。選ぶことが難しければ「敏感肌用」や「無添加」と書かれたものは比較的デリケートな状態の肌の時におすすめです。もちろん人それぞれ合う合わないがあるので、使う時は自分の肌の変化をきちんとチェックしながら使うようにしてください。

また化粧品もミネラルコスメや肌荒れ予防の効果があるファンデーションに切り替えるなどして、肌に触れるアイテムを見つめ直してみると良いでしょう。

秋冬用のスキンケア

godmake.me

乾燥が気になり始める秋は、セラミドやヒアルロン酸が配合された、保湿効果が高いスキンケアに変えましょう。また秋冬用のこっくりとしたテクスチャーや、いつものスキンケアにクリームをプラスしてあげると、潤いのある肌となりバリア機能をアップすることができます。

さらに血行促進を促すためにマッサージクリームを用いたり、ターンオーバーを促進するために角質ケアなども同時に行うとより効果的です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ