無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[そっくり検証]100均「URGLAM」と「デパコス」のコンシーラー、比較レビューするよ~

メイク

低価格ながら、クオリティの高いアイテムが揃うことで人気の、ダイソーのメイクアップシリーズ「URGLAM(ユーアーグラム)」。

アイシャドウやブラシ、ネイルなど人気アイテムは数多くありますが、最近SNS上では、URGLAMの「コンシーラー」が、「イヴ・サンローラン」のコンシーラー&ハイライターに似ているとして話題を呼んでいます。

そこで気になった東京バーゲンマニア編集部が、色味や使い心地を比べてみました!

お直しにも便利

「UR GLAM」のコンシーラーは、やわらかなテクスチャーで扱いやすい筆ペンタイプのリキッドコンシーラー。クマやシミ、ニキビ跡など気になる部分をカバーしてくれるのが特徴です。化粧直しの部分用ファンデーションや、ハイライトとしても使えるそうです。

カラーは「明るい肌色」と「自然な肌色」の2色展開。価格は税別100円です。

そんなコンシーラーに似ているとSNS上で言われているのが、「イヴ・サンローラン」のコンシーラー&ハイライター「ラディアント タッチ」。

同商品は、ひと筆で、明るさと自然な輝き、透明感を与えてくれる、「イヴ・サンローラン」のロングセラーアイテム。目元や口元のベースに使用すると、メイクアップが美しく発色します。筆ペンタイプで、持ち運びやお直しに便利です。価格は税込5500円。

大きさ、使用感の違いは?

いざ2つを比べてみると、大きさはこんな感じ。サンローランのコンシーラーの方が多少太さはありますが、長さはURGLAMのコンシーラーの方がありました。フタをつけた状態だと大きさはそこまで変わりませんでした。

次に気になる中身です。まずは1つずつ腕にスウォッチしてみました。

URGLAMのコンシーラーは、ダイヤル式。使い始めの際は、5周ほどダイヤルを回すと、液が出てきました。

今回記者は「明るい肌色」を入手。色味はこんな感じです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ