無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[本当にやせるの?] 話題の「MEC食ダイエット」のメリットとデメリット

美容

今や、様々なダイエット方法がブームになっていますが「MEC食」というダイエット方法を聞いた事がありますか?他のダイエット法と同じく、このMEC食も、やはりメリットやデメリットがあります。今回、管理栄養士がこのMEC食について詳しく説明したいと思います。

MEC食とは?

肉類、卵類、チーズの3つの食品を中心とした食事法

MEC食は、M:meat 肉類、E:eggs 卵類、C: cheese チーズを英語のアルファベットで表して、その頭文字を取ってMEC食と名付けられたダイエット法です。この3つの食品を中心に食べる他、1口30回噛む事や、ご飯やパンなど糖質が多い食品は食べないようにする事が、この食事法のルールになっています。

さて、この3つの食品をどれだけ食べるかですが、1日の目安量は、肉類だと200gで、薄切り肉なら8〜10枚程度、卵は3つ、チーズ120gで、6Pチーズなら6個程度、スライスチーズなら6枚程度です。

MEC食のメリットは?

メリット1::よく噛むようになる。

1口につき30回、咀嚼するのが、MEC食のルールですので、継続する事で、よく噛む習慣が身につきます。従って、今まであまり噛んでいなかった方は、食べる量が以前よりも少なくても、満腹に感じる事もあるかもしれません。また、よく噛んで食べる事で、唾液分泌が増え、消化しやすくしてくれるのも嬉しいですよね。

管理栄養士が解説!「よく噛んで食べる」ことのメリットとは?

メリット2:代謝量が上がりやすくなる。

肉類、卵類、チーズはたんぱく質を多く含む食品ですので、これらを毎日しっかりと摂る事で、筋肉が作りやすくなります。筋肉がつくと、安静にしていてもエネルギーをより消費するため、基礎代謝量が増え、やせやすくなります。

MEC食のデメリットは?

デメリット1:腸内環境が荒れる可能性が出てくる。

肉類、卵類、チーズなどの動物性食品ばかり食べると、悪玉菌が増加しやすくなります。悪玉菌が増えると、腸内環境が悪くなり、便秘や下痢になりやすくなります。また、便秘が続く事で、にきびや吹出物など、肌のトラブルが起こり、気持ち的にも憂鬱になりやすくなります。そこで、このトラブルを予防するには、特に野菜、海藻類、きのこ類、その他、発酵食品の摂取を意識して、腸内環境を整えていく必要があります。

【腸活ダイエット】便秘を解消して「スッキリお腹」になる方法

デメリット2:イライラしやすくなる。

極端に糖質の摂取を少なくすると、頭の回転が鈍くなり、イライラしやすくなります。なぜならば、私たちの脳のエネルギーは、この糖質に含まれるブドウ糖から作られているからです。また、糖質が不足している場合、私たちの身体は、脂質を分解して「ケトン体」を脳のエネルギーとして作り出しますが、これが作りだすまで時間がかかるため。イライラしやすくなる他、集中力が切れやすくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ