無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目にいい食べ物って本当にある?管理栄養士が選んだおすすめレシピ5選も

レシピ

目にいい食べ物ってある?

目にいい食べ物はこれ!という科学的な根拠がある食べ物は、実は少ないのが現状です。

しかし、目の健康を保つには日頃から粘膜を維持する栄養をとりいれたり、抗酸化作用があるものをとり入れることが大切なんです。身近な食材にも含まれる栄養素が多いので、日頃の食事から意識して摂れると良いですね。

目にいいとされる栄養素と食べ物は?

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を保つ働きが期待でき、視覚の正常化にも関与する栄養素です。不足すると皮膚や粘膜の乾燥や夜盲症を引き起こします。

また、脂溶性のビタミンであることから、摂りすぎると身体に蓄積されるため、過剰症にも注意が必要です。

レバーやウナギ、卵黄、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。
脂溶性のビタミンなので油との相性がとても良く、効率よく摂取するには油を使った調理法がおすすめですよ。(※1)

ビタミンB1

ビタミンB1は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。玄米やいんげん豆、枝豆、大豆などの豆類に含まれ、特に豚肉の赤身には多く含まれています。

水溶性のビタミンなので、ゆでるとゆで汁に流出してしまいます。ゆで汁まで活用できるレシピがおすすめですよ。

糖質を多く含む食事やアルコールを多量に摂取すると、その代謝にたくさんビタミンB1が使われてしまいます。このような場合は意識してビタミンB1を含む食材を摂取するように心がけましょう。(※2)

ビタミンB2

ビタミンB2は水溶性のビタミンで、皮膚や粘膜を保護する働きがあります。アーモンドや納豆、小麦胚芽、レバーに多く含まれています。(※3)

おやつ代わりにアーモンドを食べたり、朝ご飯で納豆を食べたりと、手軽にビタミンB2を含む食品を食べることができますね。レバーには特に多く含まれているのでおすすめですが、水に溶けだしやすい栄養素なので調理に注意が必要です。

ビタミンC

ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用も期待できます。体内で作ることができない栄養素で食品からの摂取が必要です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ