無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「執着心が強い人」に共通する5つの特徴

恋愛・結婚

執着心とは? 執着心が強い人の特徴をマジシャン兼催眠心理療法士の浅田さんが紹介。執着心があることのメリット、ないことのメリット、両面を分析し、それとの向き合い方を解説します。あなたの執着心をチェックする診断付き。

浅田悠介(浅田さん@令和の奇術師)

私たちもそうですが、こだわりをみせる箇所とは、まさに心の急所でもあるのです。

(5)ネガティブ感情を持っている

悲観的な傾向も。

胸のうちに常に満たされない感情を抱えているのです。そもそも求めるものが手に入らない以上──何を手に入れたいのか自覚できていないことも然りですが──ポジティブな気分にはなれません。

その原因もわからないままイライラをぶつけたり、不安にさいなまれたりといったトラブルも起こりえます。

強い執着心は「それが手に入らない」というネガティブ感情もセットになるのです。

ままある例外としては「やけに楽観的に激しくふるまう」というものもあります。これも情動のコントロールが苦手という意味では同じです。

執着心のメリットとデメリット

ここでは、執着心の影響を考えます。あくまで気質のひとつとして、良い面もあれば悪い面もあるはずです。

執着心のメリット

そもそも執着心というと悪いニュアンスがあるかもしれません。

しかし「ひとつのことに集中する力がある」と考えることもできます。

まさしく執着心が強いことのメリットは「目標を達成するエネルギーが強いこと」です。

例えばスティーブ・ジョブスだって、あれほどの執着心がなければAppleを成功させることはできなかったでしょう。成功には執念が必要です。

逆にいえば、執着心のない「悟った態度」では、ものごとを成し遂げづらいのです。いざというときにふんばりが効かなくなるから。何ごとも粘りが必要なときはありますよね。

執着心をほどよく持つこと。そして、その執着を大勢のためになるアクションへと使うこと。厳しい現代を生き抜くには、むしろ、これら2つは必要なことかもしれません。

執着心のデメリット

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ