無料の会員登録をすると
お気に入りができます

誰にも聞けない!デリケートゾーンのニオイ、黒ずみのお悩み解決方法

美容

デリケートゾーンをケアしないとどうなる!?

デリケートゾーンとは、膣の外側の「外陰部」のこと。この部分が不衛生だと、臭い、ムレ、かゆみなどのトラブルが起こりやすくなります。特に生理中は臭いだけでなく、雑菌の繁殖による感染症のリスクが高まるので要注意。

さらに、肌に残った古い角質や摩擦によって炎症が起きて色素沈着してしまったり、潤い不足による乾燥でデリケートゾーンがシワシワに垂れ下がったりするケースも!

デリケートゾーンのトラブルを避けるためには、ていねいなケアが欠かせません。

デリケートゾーンのトラブル
・ニオイが気になる
・ムレる
・かゆい
・炎症を起こす
・黒ずみ
・乾燥する

膣まわりを清潔に保つ「デリケートケア」を意識しよう

デリケートゾーンの臭いやムレ、かゆみといったトラブルを防ぐためには、膣まわりを清潔に保つことが何よりも重要。

例えば、アンダーヘアの処理もデリケートケアのひとつ。アンダーヘアに汚れが付着すると臭いやムレ、かゆみの原因になるため、欧米では「未処理=不衛生」と認識され、男女共にヘア処理することが一般的になっています。また、デリケートゾーンの洗い方や生理中のケアが間違っていると、臭いやかゆみなどのトラブルが起きやすい場合もあるため、慎重になるべき。さらに、デリケートゾーンが黒ずんでしまわないよう、摩擦や炎症、ホルモンバランスの乱れなどに気をつけることも忘れてはいけません。

このようにデリケートゾーンのケアはとっても繊細。中には「念入りに洗っているから大丈夫」、「パンティーライナーを使っているから臭わない」と思っている人もいるかもしれませんが、過剰なケアがトラブルの原因になる場合も…。まずは、今のケア方法を疑うことからはじめてみましょう。

あなたのデリケートゾーンのケア意識、間違ってない?

ここでは、逆効果になる「誤ったデリケートゾーンのお手入れ方法」を紹介。良かれと思って実践していることが、実はトラブルの引き金になっている可能性があります。思い当たることがあればこれを機に見直しましょう。

【NG1】ゴシゴシと強く洗う

タオルやスポンジでゴシゴシと洗うのはNG。デリケートゾーンはその名の通り繊細で複雑な部位。皮膚も薄く傷つきやすいため、強い摩擦や刺激は黒ずみの原因に。指の腹を使って優しく洗う程度に留めましょう。

【NG2】トイレで汚れを念入りに拭き取る

トイレットペーパーを強く擦り付けると、炎症や頻尿、皮膚の黒ずみなどのトラブルを起こす可能性があります。特に生理中は雑菌が繁殖するリスクが高いので要注意。トイレットペーパーは水分を吸い取るように5〜10秒ほどそっと押し当てるだけでOK!臭いや汚れがどうしても気になるときはトイレで使える専用ソープやウェットシートなどを活用してください。

【NG3】香りの強い製品を使っている

臭いを気にして芳香付きの生理用品や強い香りの石鹸を使いたくなる気持ちもわかりますが、香料を使用している製品には、かゆみやかぶれの原因になるアレルゲンが含まれている場合があります。成分表示をチェックしてアレルゲンやアルコールの有無を確認したほうが良さそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ