無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝る前に牛乳を飲むメリットとは? 体にも美容にも良い効果まとめ

美容

寝る前に牛乳を飲んでいますか?

みなさんは、牛乳を飲んでいますか? そして、牛乳を飲んでいる人はいつ飲みますか? 朝、昼、それとも夜?

カルシウム摂取に牛乳はおすすめですが、寝る前に牛乳を飲むと寝つきがよくなる、とも言われています。具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

牛乳のカロリーと栄養

カロリー

寝る前に飲むのはいいけど、「牛乳はカロリーが高い」というイメージが……。これから体を休めるというときに牛乳を飲んだら、太ってしまうのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。牛乳1杯分(200ml)のカロリーは、134kcal(※1)です。心配しなければいけないほど高くはないので、安心してください。だからと言って、飲みすぎは禁物です。

栄養

牛乳に含まれている栄養素で、もっともメジャーなのが「カルシウム」ではないでしょうか。牛乳200ml中のカルシウム量は、220mg。(※1)

一日のカルシウム推奨摂取量は、15〜29歳男性で800mg、15歳以上の女性で650mg(※2)なので、牛乳を一日1〜2杯ほど飲んで、バランスのとれた食生活を送れば、カルシウムを十分に補うことができるでしょう。

また牛乳には、ビタミンB2やビタミンB12、パントテン酸といった栄養素も、豊富に含まれています。

※カロリー・カルシウム量の数値は「普通牛乳」の項目から参照

牛乳は健康にも美容にもよい

安眠効果

牛乳に含まれるアミノ酸の一種トリプトファンは、"幸せホルモン"と呼ばれているセロトニンを作ることができる物質です。セロトニンは体内でメラトニンという成分に変化し、睡眠を促します。(※3)

美容効果

先ほども書きましたが、牛乳にはビタミンB2が含まれています。ビタミンB2は髪や肌、爪、粘膜の健康維持を助けるビタミンです。(※4)美しい髪や肌を保つには、しっかりビタミンB2を補う必要があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ