無料の会員登録をすると
お気に入りができます

合わせる? 話し合う? 結婚後「価値観の違い」が生まれたら

恋愛・結婚

価値観を押しつけるなら労力は買う。それが、わたしが自分に課しているルールです。

それでも価値観を譲れなかったら

それ以外の価値観の違いも、もちろんありますね。

住む家について「俺は○○街に住みたい!」「わたしは○○駅の近くがいい!」と分かれたとしましょう。

そういうときはプレゼン大会。それぞれのお試し期間を設けるのもいいと思う。

候補の街に行って何回かデートしたり。

それでもお互い折れることができなければ、もはや別居でいいと思う。

必ずしも価値観は合わせなきゃいけないものではないのです。

「“あなたは”そういう価値観を持ってるのね! わたしは違うけど、尊重します」スタイル。

尊重するときは小言も言わない。否定的にもならない。完全に受け入れる。

そうすべきときは必ずあり、お互いさまなのです。

お互いの価値観で「共存する方法」を考える

自分を育ててくれた親であっても、価値観なんて簡単に違ってくる。

だから、価値観は自然に合うだとか、合わせるべきだとか思わないほうが、逆に自然。

下手に愛の力で乗り切ろうとしないでほしい。

価値観が合わないときには、否定せず合わせずに、共存する方法を考える。そういう話し合いができるパートナーは強いよね。

とはいえ、それでもわたしは夫婦で一致していたい価値観がある。

それは「お互いを第一に考え、その関係を維持していくこと」。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ