無料の会員登録をすると
お気に入りができます

合わせる? 話し合う? 結婚後「価値観の違い」が生まれたら

恋愛・結婚

お金も、働き方も、住みたい家も、子どもの話も。両親の介護とか、同居とか、話しにくいと言われる現実的な話について、かなりクリアに隠すことなく、たくさん。

バスタオルは毎日洗う派? など小さなことも話していたよ。

重いと思われがちだけど、わたしからしたら「結婚してから価値観の違いによって降りかかるストレス」に比べたら、そんな一時の重圧なんてたいしたことなくない? と思う。

「愛の力でなんとかなるよね♡」なんてルンルンしてる場合じゃない。

愛はわがままで気まぐれ。感情に波があるように、愛にも波がある。

わたしは愛の力を過信してないから、あくまでも現実的に話します。でも、そこには彼とうまくやっていきたいからっていう愛があるんだけどね。

「価値観の違い」が生まれたときの話し合い方

彼と価値観の話をしていくと、考え方の違いが必ず出てくる。

例えばバスタオルの話だけど、わたしは毎日洗う派で、夫は何回か使ってから洗う派。

じゃあどうするかって「わたしは毎日洗いたいから、わたしがバスタオルを洗う係になるね」となった。

どちらかというと、わたしはいろいろなことにこだわりが強いほう。価値観を合わせるときには、想いの強いほう、こだわりが多いほうにどうしても合わせていく方向になる。

エマちゃんは価値観を押し通して、夫はそれを受け入れる。

そうなると受け入れるだけの夫はストレスが発生するよね。

だから価値観を押し通すほうは、妥協してくれる相手への対応が大事。

その対応としてのひとつは、価値観を押し通すことで発生する労力を負担すること。

だからタオルを洗うのはわたし。

「あなたも洗ってよ!!」とは押しつけないのがお約束。

わたしが「タオル洗うのめちゃくちゃしんどい!」となるならば、タオルを何回か使って洗うほうに、折れる。

「価値観も押しつけられて、労力も押しつける」は不公平。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ