無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スキンケアの仕上げに1分で小顔! ダイエットコーチ・千波さん監修のセルフマッサージ術

美容

全5回にわたってお届けする千波さん直伝・パーツ別ダイエットマッサージ。今回、脂肪をほぐして痩せるパーツは「顔」! ボディ痩せのダイエットマッサージと同じく、フェイシャル用のオイルやクリームを使ってすべりをよくするのがポイント。半顔ずつ実践すると痩せ効果を実感しやすいので、鏡を見ながらさっそくトライ!

教えていただいたのは・・・ 美容家・ダイエットコーチ 千波さん

自身が20kgのダイエットとリバウンドを経験。エステ講師や加圧インストラクターを経て、痩せない・ダイエットがうまくいかない原因がメンタルにあることに気づき独立。ダイエットを成功させるために「モチベーション」を組み込んだダイエットトレーニングは半年で満員となり、Instagramのフォロワーは12万人超え! 自身のSNSやオンラインサロンでもダイエットマッサージのプロセス動画を配信中。

Q.年々、フェイスラインがぼやけていく…… 今からでも間に合いますか?

輪郭がぼやけてパンパンに見えてしまう原因は、リンパ液の滞り。リンパ管には、血液における心臓のようなポンプ機能がないので、首や肩が凝って筋肉の動きが悪くなると、リンパ液の流れも悪くなってしまうのです。脂肪などの老廃物を運ぶリンパ液が停滞すると顔に溜まって、ぼってり顔に。マッサージは続けることで変化を体感しやすいので、まずは1週間頑張りましょう。血行がよくなると代謝も高まるので、肌の質感もよくなりますよ

人差し指をかぎ状にして、第二関節のとがった部分を耳下腺リンパ節がある耳下のくぼみにあてる。ぐっと押し込みながら、上から下へ20回流す。最初は痛みを感じる人も、続けていくうちに痛みが和らいでいくはず。

頬骨の下に親指を少し食い込ませるようにあてる。そのまま、頬骨に沿って耳の前まで親指を10回スライドさせる。むくんでいる人は痛みを感じるけれど、痛気持ちいい程度の力で押し流した方が効果あり。両頬同時に。

肌に何もつけずに行うと、摩擦が刺激となって色素沈着などのトラブルに。無理なく習慣づける意味でも、スキンケアの最後に油分多めのクリームなどをつけて実践するのがおすすめです。途中で肌に摩擦を感じたら、クリームを追加してみましょう。そして、もたつきが気になるからといって、必要以上にゴシゴシ、グリグリと力を入れるのは逆効果。ほぐすときに痛みを感じる場所は、痛気持ちいいと感じるぐらいの力で十分です

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ