無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ソレ入れちゃうの!?無印良品「ど定番ケース」意外な使い道で"あふれ返るアレ"を一発解決

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

毎日の家事の代表格「洗濯」。できれば毎日洗濯したいところですが、天候はもちろん、このくらい溜まったら洗濯しよう……という自分の中でも洗濯量感覚もありますよね。

その洗濯量感覚の基準になるのが洗濯かご。
今ではおしゃれなモノから地味なモノまで多種多様です。あまりにも地味すぎるので、そんなにいいヤツは使えない……という感覚もあります。

ここでは、逆にいいヤツすぎる無印良品「やわらかポリエチレンケース」を洗濯かごとして活用するアイデアをご紹介します。

無印良品「やわらかポリエチレンケース」1個1,190円(税込)

▲深 約幅25.5×奥行36×高さ32cm

無印良品らしく、サイズも小・中・大・深の4展開。
もちろん、家族の洗濯物を入れるので「深」が一番。

特長は重ねられて見えない!

柔らかい素材のポリエチレン素材を使用。
水や冷気にも強いのです。

別売りのフタを使用することで積み重ねることができます。
※積み重ね可能段数:2段

旅行帰りや体調不良で洗濯ができない時。←(パパさん洗濯して怒)
脱衣所で溢れかえる洗濯かごをみると発狂してしまいます!!

2個あれば十分収納可能。
さらに蓋をつけることで上に置いて収納ができますし、半透明のため洗濯物の中身が見えにくいというメリットもあります。

まさに一石二鳥ですね。

ポリエチレンケースはお手入れもしやすい

角が少し丸くなっていて、ほこりなどが入ったときもふき取りやすい♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ