無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ソレってホント?「嘘つき」の対処法

ライフスタイル

息を吸うかのように「嘘をつく」人っていますよね。なぜ、そんなふうに嘘をつくのでしょう。今回は心理カウンセラーの高見綾さんに、嘘をつく原因や嘘を見抜く方法、うまく付き合う方法を教えてもらいます。

また、眉の筋肉は感情とダイレクトにつながっており、嘘をついてストレスがかかると眉間に力が入りシワができたりします。

嘘をつくとき男性は目線をそらすことがありますが、女性は目線を外さずじっと見つめてくるのも特徴です。

3.笑顔が不自然

嘘をつくときは、作り笑いになることが多いです。口元は笑っていても目が笑っていなかったり、ずっと笑顔だったのに一瞬で真顔に戻ったりするなど、不自然な表情が見られます。

違和感を覚えるときは、相手が何かを隠そうとしているかもしれません。

会話で見抜く

1.会話のテンポが悪くなる

あらかじめ考えていた嘘をつくときは、会話のテンポが良いですが、想定していない話になったときには、取り繕う時間が必要なため不自然な間ができます。

また、テンポが悪くなったときに表情が固まったり、動作が止まったりすることがあれば、警戒心が増しており嘘をついている可能性が高くなります。

2.必要以上に話してくる

聞いていないことまで必要以上にペラペラしゃべってくるときも要注意です。嘘がバレないように焦ってまくしたてている可能性があります。

納得してもらいたいがために、畳みかけるようにしてしゃべり、自分を安心させようとしているのです。

3.あいまいな表現が多い

「たぶん~」「~かもしれないですね」など、あいまいな表現を使うことで事実関係をうやむやにします。

確認しようと聞き返しても、別の話題にすり替えたり、抽象的な表現を使ったりすることで煙に巻きます。

虚言癖の人とうまく付き合う方法

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ