無料の会員登録をすると
お気に入りができます

悩みをカモフラージュ!大人でも「アリ」なグロス4選

メイク

アラフォー世代の唇事情と、選ぶポイント

色も形状も多種多様なグロス。単品で使えるものから、口紅に重ねて使うものまで揃う
年齢が出やすいパーツといえば、目元や首、手などが筆頭にあがりますが、唇もまた年齢が出やすいパーツのひとつです。皮脂腺や汗腺がほとんどない唇は、乾燥しやすく、トラブルやエイジングサインが現れやすい傾向があります。

なかでも40代のエイジングサインの筆頭はくすみと縦じわ。現在42歳の私自身も以前はその2つのお悩みを抱えてメイクの仕上がりがイマイチに感じていました。口紅を塗ればくすみは目立たなくなりますが、縦じわは口紅でカバーすることが難しいと感じていたからです。

ところが、口紅の上からグロスを重ねたら、縦じわは見事にカモフラージュ! それどころかボリュームとツヤも出るので、より生き生きとした表情に。乾燥から唇を守る効果もあるので、アラフォー世代こそグロスをおすすめしたいのです。

とはいえ、塗り過ぎるとギトギトして残念な印象を与える危険もありますから、大人でも「アリ」なグロスは、いくつかのポイントを意識して選んでみましょう。

まずは、自然な仕上がりになるものを選ぶこと。パールやラメが含まれる場合、粒子が細かく、ムラにならないものを選びましょう。

1. 5色のラメ入りでさり気ない輝きを放つ

白いグロス液の中に青や緑、赤などのラメがチラつき幻想的
プチプラコスメ界の絶対女王とも呼べる存在のキャンメイク。そのリップオイル「フルーティーピュアオイルリップ」(全3色/税抜700円)は、グロス感覚で使うことができる商品です。ジュレのようにとろけるようなテクスチャーで保湿力も高く、乾燥しやすい唇もうるおいで満たしてふっくらと見せてくれます。唇の縦じわをカモフラージュする効果は、今回ご紹介する商品の中で最も高いです。

「03 ライチソーダ」(写真下)は、白いグロス液の中に非常に粒子が細かい5種類のラメが含まれていて、光の加減で煌めくのでいつもの口紅の表情を変えるのに役立ちます。唇にのせると透明なので、重ねる口紅の色を選ぶこともありません。唇全体に塗るより、中心部分にポイント使いがおすすめです。

肌に塗ると透明になり、5色のラメも悪目立ちしないさり気なさ

2. 口紅の赤みを抑えたい、透明感を出したい時に

ブラックが効いたモード感漂うチューブタイプ
ケイトの「カラーエナメルグロス」(全6色/税抜450円)は、チューブタイプになっていて、斜めにカットされた先端部分を直接唇に当てて塗ります。量の調整がしやすく出過ぎないのはチューブタイプならでは。ギトギト・ベタベタ感がないテクスチャーは価格の割に優秀です。

「BU-1」(写真下)は、淡いブルー。手持ちの赤リップやオレンジリップの発色を抑えたい時や、いつもの口紅に透明感を与えたい時に重ね使いするのがおすすめ。繊細なブルーのラメは変にギラつくこともなく、年齢を問わずに使える商品です。こちらも唇全体に塗るより、中心部分にポイント使いがおすすめです。

淡いブルーのグロス液にブルーの繊細なラメがちらつく

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ