無料の会員登録をすると
お気に入りができます

完璧なオンナは愛されない?適度にダメなほうがモテる理由

恋愛・結婚

仕事をバリバリこなしながら、自分の魅力もしっかり磨いている……そんな女性が「モテない」のはどうしてでしょう?

今回は「適度にダメなほうがモテる理由」についてお話ししたいと思います。

男性側もダメな部分を出しやすくなる

わたしたちは人間ですから、いつも気を張っていると疲れてしまいます。

彼がファーストフードなどジャンクなものをガッツリ食べたいと思っていても、彼女が目の前でしっかり摂生していると、摂生できない自分が「ダメ」だと感じて、自分だけ悪いことをしているような気持ちになりますよね。

人間関係は相互関係なので、完璧な人といっしょにいると、自分も合わせて「完璧にしないと」と頑張りすぎて疲れてしまうことがあるのです。

少しくらい「ダメ」なところを見せてくれるほうがリラックスした関係になれるので、彼も「ダメ」なところを出しやすくなります。

結果として、お互いに良い意味で「ゆるく」お付き合いできる、たがいに必要以上に気を張らずに済む関係を築いていけるのです。

他人行儀な感じがするのを防げる

「完璧」な人間になればなるほど、人間くささのようなものを感じにくくなります。

決して不満や愚痴は言わず、いつも「キレイ」に生きている……そんな姿は尊くはあるものの、あまりにもキレイすぎて、あなたの「本音」が見えにくくなり、いつまでも「他人行儀」な関係になってしまいます。

だれでも間違うことはある、失敗することもある、ニコニコしていられないこともある……。

甘えたり泣いたり、ときには他人に思いっきり嫉妬することもあるでしょう。そんなあなたの「本当の姿」こそ、人間らしく魅力的です。

「腹を割って話す」という言葉があるように、弱いところや恥ずかしいところを知ることで、心的距離が縮まるもの。

あなたも思い切って、もう一歩、彼との心の距離を縮めてみては。

「俺でも行けそう」感が自尊心をくすぐる

完璧な女性といえば「高嶺の花」。

完璧で隙が無い女性を前にすると、男性は自分の欠点やダメさが見えてしまい、「俺なんかじゃダメだよな」と戦意喪失してしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ