無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年刊行された本や漫画の中からAppleが選ぶ「BEST BOOKS 2019」が公開中♩

カルチャー

1年の終わりが近づいてくると、様々なジャンルの“ベストオブ〜”が発表されますが、今回はApple Books Storeが選ぶ「BEST BOOKS 2019」が発表されたのでご紹介します。

今年刊行された国内外の作家作品の中から、“今”を映し出す注目すべき本として「BEST BOOKS 2019」10作品と、「BEST MANGA 2019」5作品がセレクトされています♩

選ばれた本の中から、いくつかピックアップしてご紹介します。

どうしても生きてる/朝井リョウ

画像元:Apple Books

「桐島、部活やめるってよ」などの作品で知られる、直木賞作家朝井リョウの作品「どうしても生きてる」が2019年ベストフィクションとして選ばれています。

動画流出など現代らしい題材をもとに、日本社会を映し出す一作となっているそうですよ。

購入はこちらから

medium 霊媒探偵城塚翡翠/相沢沙呼

画像元:Apple Books

こちらは2019年ベストミステリー作品として選ばれた相沢沙呼の「medium 霊媒探偵城塚翡翠」。

タイトルでもあるmediumが意味する“霊視”と“論理”で、トリックを解明してくさまは爽快感も味わえそう。ミステリー好きならぜひチェックしてみてくださいね♩

購入はこちらから

三つ編み/レティシア・コロンバ二

画像元:Apple Books

2019年ベスト海外フィクションと選ばれたのは、映画監督として活躍しているフランス人女性レティシア・コロンバニの作家デビュー作品「三つ編み」。

インド、イタリア、カナダの3ヶ国を舞台に、3人の女性の人生が交互に描かれる作品は、フランス本国では100万部突破の大ヒット作品となったそうなので、こちらも必読ですね♩

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ