無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[毎日たったの5分で?]ポッコリお腹の引き締めエクササイズ3選!

美容

お腹まわりは、脂肪が付きやすいのに食事制限などのダイエットだけでは落ちにくい厄介な部位ですよね。そこで今回は、続けやすいお腹引き締めエクササイズをいくつかご紹介します。

何故お腹が出るの?

ポッコリお腹の大きな原因の一つには、筋力の低下があげられます。お腹まわりは、臓器を守るために特に皮下脂肪が付きやすいと言われています。しかし、日常生活ではあまり動かすことのない部位であり、意識しなければ筋肉は付きません。

また、筋力の低下は基礎代謝の低下に繋がり、脂肪が燃焼されにくい体質となります。その結果、体脂肪の増加といった悪循環を招くためポッコリとしたお腹が目立ち始めるようになるのでしょう。他にも、内臓が下がってきていることも原因にあげられます。

1回3分?!エクササイズでがっつり引き締めよう

プランク

1.腕立て伏せの体勢からヒジを床につけます。
2.頭からおしりが一直線になるようにして安定さます。
3.目一杯息を吸い、ゆっくりと息を吐きます。
4.完全に吐ききった時のお腹のへこみを維持したまま③の呼吸を繰り返します。
(※15~30秒キープを3セットを目安に行います。)

この方法は正しい体勢を維持することが重要となります。大変な分、習慣的に取り組めるようになればスタイルキープも出来そうですね!

目指せペタンコお腹!エクササイズ

キツイのは嫌!だけど引き締めたい方に!

1.両手と膝をゆかにつけて四つん這いになります。
2.左手と右足を手先から足先にかけて一直線になるようにまっすぐにします。
3.そのまま10秒キープしてください。そのあと逆の右手と左足も同じように行います。

ももの裏とお尻・お腹を鍛えるエクササイズです。お腹の引き締めはもちろん、姿勢も良くなり、冷え性・むくみ解消といった効果が期待できるエクササイズです。

見た目を美しく!引き締め&くびれエクササイズ

継続重視!気楽に取り組みたい方に!

体育座りになり、両手を頭の後ろにそえる。お腹を腰の方に引き寄せ、腰骨、肩、耳たぶのラインを一直線に揃え、骨盤を立て、姿勢を整える。

1.息を吸いながら上体を引き上げてから、息を吐きながら右肘を左膝につける。
2.反対側も同様に息を吐きながら左肘を右膝につける。
3.これらを左右15回を目安に呼吸に動きを合わせ、ゆっくり動作を繰り返す。

下垂しやすい内臓を引き上げる力=姿勢と筋力(体幹)を鍛えて、クビレをつくるエクササイズです。お腹引き締め、太もも引き締め、クビレ、便秘改善、冷え性、むくみ解消、バストアップにも効果的。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ